映画「ゴジラVSデストロイア」観ましたェ(+o+)/

ゴジラの暴走っぷりがすごいですにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編103分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○力を制御できないゴジラの暴走


○かつてゴジラを倒した兵器の復活!?


○ゴジラと人間の関係


【オススメな人グッド!

○ゴジラシリーズを観続けてきた人


○ゴジラが好きな人


○暴走しても大事なことは忘れない人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/36502/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
ゴジラシリーズの完結編!?です


地殻変動によって体内に異変が起こり、暴走するゴジラ


そのゴジラを止めようとする人間


ゴジラの暴走を止められなければ、人間も絶滅するかもしれない状況での最後の戦い(!?)です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
力を制御できないゴジラの暴走──


地球の地殻変動に巻き込まれ、自分の力を制御できなくなったゴジラが、日本に現れます叫び


その危険度を理解した人間は、何とかその暴走を抑えようと、いろいろ試みますグー


ゴジラのパワーアップっぷり、暴走っぷり、人間の科学の発展っぷりが楽しめますにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
かつてゴジラを倒した兵器の復活!?──


ゴジラの暴走を何としてでも止めたい人間は、かつてゴジラを倒した"あの兵器"の復活を画策しますえっ


◦オキシジェンデストロイヤー

その破壊力と脅威から、発明者である芹沢博士が自ら封印した兵器です叫び

(もともとは兵器ではなかったんですが・・・あせる)

そして、その兵器と同じ性質を持つ発明をした伊集院博士が現れますえっ


さらに、最強の敵デストロイアも・・・叫び


1954年のゴジラからの流れを汲むストーリーも楽しめますチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ゴジラと人間の関係──


これまで何度となく戦い、ときには助け合ってきたゴジラと人間。

本作では、そのそれまでの関係性がしっかりと描かれていますグッド!

ときどき出現しては、いろいろなモノを破壊していくゴジラに困っている人間、そのゴジラと心を通わせる人間、などなど。

単純にゴジラを敵視していない人間の姿が描かれています目


そしてゴジラも、暴走しているとはいえ、何か意志があるようにも感じられますキラキラ
(これは主観です)


そんなゴジラと人間の関係性も楽しめますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
これまでのシリーズの集大成です!!


映画「ゴジラVSデストロイア」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



しれっと暴走する伊集院博士


オキシジェンデストロイヤーに似た性質の発明をした伊集院博士は、一気にゴジラ対策の中心メンバーになりますが、ちょこちょこ暴走しますえっ


◦オキシジェンデストロイヤーを開発しても大丈夫と言い出す


◦地中に眠っていたデストロイアを目覚めさせる


◦しれっとデストロイアの倒し方を研究し始める


◦しれっとゴジラとの戦いの先陣をきる


などなど。


真面目にやっていますので、全然憎めなくて、ちょっと面白いですニコニコ


そんな伊集院博士を演じるのが・・・


◦辰巳琢郎さん


その他にもたくさんの方が出演されていますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
暴走するゴジラは!?人間はどうするのか!?ゴジラの戦いもストーリーも楽しめる作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「ゴジラVSデストロイア」

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


ゴジラVSデストロイア [ 辰巳琢郎 ]

価格:2,542円
(2014/9/30 08:26時点)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDや動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「SF」 の記事

映画「少年H」観ましたェ(+o+)/

仲良く楽しく強く生きる妹尾家は、本当に素晴らしい家族ですにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編122分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○仲の良い妹尾家の一家団欒


○昭和初期では珍しい父親の考え方


○戦争でも曲がらない妹尾家


【オススメな人グッド!

○昭和の家庭に憧れがある人


○優しい父親に憧れる人


○ニックネームがイニシャルだった人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/44880/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
太平洋戦争が迫る日本で、慎ましくも優しく、仲良く生きる妹尾家の物語ですキラキラ


原作は、妹尾河童さんの自伝的小説「少年H」です本



自伝的小説が原作ですので、実話も含まれています(と思います)!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
仲の良い妹尾家の一家団欒――


妹尾家は本当に仲の良い一家ですニコニコ


みんなで仲良く出掛け、仲良く食事をし、笑いが絶えません音譜

当時としては珍しくなかったのかもしれませんが、仲の良い楽しい一家ですにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昭和初期では珍しい父親の考え方――


父・盛夫は、紳士服店を営んでおり、外国の人とも交流がありますニコニコ

そのため、外国語に触れる機会や、欧米の文化に触れる機会が多く、考え方や立ち居振る舞いが、昭和のお父さんとは違いますチョキ

当時では、異質なオーラを放っていたかもしれませんグッド!

そして、そのオーラ(考え方)は家族にも受け継がれ、楽しくて優しい妹尾家となっていますニコニコ


そんな父・盛夫を演じるのが・・・


◦水谷豊さん


さらに、妹尾家として・・・

◦敏子(母):伊藤蘭さん
◦肇(少年H):吉岡竜輝さん
◦好子(妹):花田優里音さん


あ、念のため、本作の主人公は、"肇"ですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
戦争でも曲がらない妹尾家――


楽しく仲良く過ごしている妹尾家にも戦争の影がやってきますあせる

戦争によって、これまで通りの生活ができなくなる妹尾家ですが、それぞれが父の学んだ考え方を曲げることなく、過ごしていきますチョキ

当時としては、周囲から非難されるような生き方だったはずですが、それに負けず、想いを貫いた妹尾家は、楽しくて強い一家ですニコニコ

よくよく考えると、妹尾家は現代でも、ちょっと変わった一家かもしれませんね~得意げ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
独特のオーラ(はてなマーク)を放つ妹尾家が楽しい作品です


映画「少年H」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○戦後も変わらない妹尾家


それぞれがそれぞれに、戦争を経験したことによって、妹尾家の中でも、生き方に変化が出てきますえっ


それでも、優しく楽しく生きることは変わりませんチョキ


本当に強い一家です ニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
家族の絆、優しく強い生き方が楽しめますにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


少年H [ 水谷豊 ]

価格:4,235円
(2014/9/29 08:32時点)
感想(1件)




お家でレンタルという方にオススメ!
動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事

映画「舟を編む」観ましたェ(+o+)/

辞書の作り方、マジメに面白いですにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編133分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○マジメなマジメのキャラクター


○壮大な辞書作り


○マジメの周りの楽しい人たち


【オススメな人グッド!

○マジメな人が好きな人


○辞書が好きな人


○知らない言葉を聞くとついつい調べちゃう人(?)


【紹介サイト音譜

http://fune-amu.com/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
辞書作りに情熱を注ぐ青年とその周り人たちを描いた、クスッとできる感動のお話ですキラキラ


本作は、第37回日本アカデミー賞(2013年)で6部門を受賞した、石井裕也監督の作品ですビックリマーク


辞書を作る映画だけあって、言葉のやりとりを楽しめます音譜


壮大な辞書作りと、それに取り組む"マジメ"な青年が楽しい作品です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
マジメなマジメのキャラクター──


本作の主人公は、"マジメ"ですニコニコ


とにかく性格が"マジメ"グッド!

そして、名前も"マジメ"ですチョキ


◦馬締光也(マジメ ミツヤ):松田龍平さん


大学院で言語学を専攻し、常に本を読んでいるような青年ですが、人とのコミュニケーションを苦手としています汗


そんな青年が、辞書作りに出会い、人生を賭けられる仕事を見つけられたことによって、大きく変わっていきますニコニコ


その"マジメ"な青年の成長する姿を楽しめます音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
壮大な辞書作り──


辞書作りはものすごく大変ですあせる

一冊の辞書を作るのに、一〇年以上かかりますえっ

集める言葉は二〇万語以上、何度も推敲を重ね、印刷する紙にもこだわり抜いて、辞書は作られますえっ

本当に大変ですあせる


最近、辞書なんて触ってないという方も、ちょっと使ってみたくなるかもしれませんニコニコ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
マジメの周りの楽しい人たち──


本作は、マジメな"マジメ"以外にもたくさんの楽しい人たちが登場します音譜

◦西岡正志:オダギリジョーさん

"マジメ"の先輩で、最近の言葉で表すと、ちょっと"チャラい"です。


◦松本朋佑:加藤剛さん

辞書の監修を務める先生で、最新の言葉を集めているだけあって"若い"です。

◦荒木公平:小林薫さん

"マジメ"の才能(はてなマーク)を見抜き、辞書作りの楽しさを伝えた上司で、辞書作りに賭ける想いは"熱い"です。


◦タケさん:渡辺美佐子さん

"マジメ"の下宿先の大家さんで、"マジメ"のことを気にかけている"優しい"人です。


◦林香具矢(ハヤシ カグヤ):宮崎あおいさん

タケさんの孫で、日本料理の板前さんで、"マジメ"にとって"愛しい"人です。

他にもたくさんの楽しい人たちが登場しますチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
辞書を作る大変さと、"マジメ"たちのやりとりが楽しい作品です!!


映画「舟を編む」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○一冊の辞書に人生を賭けた"マジメ"


辞書作りという天職に出会った"マジメ"は、人生を賭けて取り組みますニコニコ


この天職との出会いから、いろいろな人たちも出会い、それまでの人生がどんどん変わっていきますチョキ


普段の生活の中でも、知らない言葉をメモしたり、寝る間も惜しんで作業する"マジメ"。


辞書に賭ける"マジメ"とそれを支える周りの人たちが本当に楽しい作品ですにひひ


最近、辞書を触ってないなぁ~という方は、改めて"マジメ"という言葉から調べてみてはいかがでしょうか本


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
辞書の楽しさが分かるかもしれない作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「舟を編む」

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!



舟を編む [ 松田龍平 ]

価格:3,748円
(2014/9/28 10:29時点)
感想(1件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-ray、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事

映画「マッキー」観ましたェ(+o+)/

ハエの活躍(はてなマーク)が楽しいですにひひ




【観賞スタイル目
○DVD(レンタル/字幕版/本編125分)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○突然、歌い出す、踊り出す、これぞインド映画


○イチイチカッコいい演出


○それぞれの特技を活かした楽しい展開


【オススメな人グッド!

○笑える復讐劇が観たい人


○インド映画を観たことがない人


○ハエは殺せない人(?)


【紹介サイト音譜

http://masala-movie.com/makkhi/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
理不尽な殺され方をした男が、愛する人を守るため、ハエとなって蘇る復讐劇ですグー


人間だった男がハエとなって、どのように復讐するのかを楽しめますニコニコ


ちなみに、本作のタイトル"マッキー"は、ヒンドゥー語(はてなマーク)で"ハエ"という意味ですチョキ


悲しい復讐劇ですが、"マッキー"の活躍が楽しい作品です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
突然、歌い出す、踊り出す、これぞインド映画──


本作はミュージカルではありませんが、登場人物が突然歌い出したり、踊り出したりします音譜


これは、インド映画の代名詞ではないでしょうか!?

メインとなる登場人物は・・・


◦ジャニ(=マッキー):本作の主人公


◦ビンドゥ:ジャニがずっと片思いを続けている人

◦スディープ:ジャニを殺した張本人


の3人です。


この3人の明るく楽しい歌や踊りに、最初は違和感を感じるかもしれませんが、慣れてくれば楽しいですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
イチイチカッコいい演出──


本作の演出は、イチイチカッコよくて面白いですにひひ

◦"マッキー"が復讐を決意するシーン


◦スディープがマッキーとの対決を決意するシーン


◦マッキーとスディープの激しい(はてなマーク)戦いのシーン

などなど。


ムダに(はてなマーク)カッコよさがあって、ついつい笑ってしまいますにひひ


登場人物たちのポイントとなるシーン、シーンで出てきますので、どんどん楽しみになります音譜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
それぞれの特技を活かした楽しい展開──


本作は、CG全開の、マッキーによる、歌って踊る復讐劇な感じですが、ストーリーの展開もしっかりしていますグッド!

特に、3人の趣味、特技がうまく活かされていますニコニコ


◦スディープ:クレー射撃
◦ビンドゥ:マイクロアート
◦ジャニ(=マッキー):歌と踊り

これらがストーリーにも大きく関わってきたりして面白いですにひひ


どのように関わってくるかは、実際に観てのお楽しみ~音譜ということでパー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
世界初(はてなマーク)のCG全開のハエアクションとしっかりしたストーリーを楽しめますにひひ!!


映画「マッキー」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここから は、少し内容に触れて書いていきますメモ



○冷静に考えるとホラー・・・叫びはてなマーク


本作は、よくよく考えると、けっこう怖いです叫び


特に、スディープの立場で考えると、殺したはずの人間が、ハエになって復讐してくる・・・ドクロこれは怖いですね~叫び


冷静に考えると怖いお話ですが、ジャニの陽気な性格と、面白おかしい復讐劇によって、暗さや憎しみをほとんど感じさせませんニコニコ


ですので、幅広い人に、気軽に楽しんで頂けると思いますグッド!


ハエがどうしても苦手という方にはオススメできませんが・・・あせる楽しい作品です音譜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
歌あり、踊りあり、アクションあり、笑いあり、愛あり、憎しみあり、いろいろありの楽しい作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「マッキー」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!




マッキー [ スディープ ]

価格:3,719円
(2014/9/27 10:24時点)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDや動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ファンタジー」 の記事

映画「巨神兵東京に現わる」観ましたェ(+o+)/

巨神兵が東京に現れたら終わります叫び




【観賞スタイル目
○TV(TV版/本編10分)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○「ナウシカ」の巨神兵


○スタジオジブリの特撮作品


○ナレーションは林原めぐみさん


【オススメな人グッド!

○「風の谷のナウシカ」を観たことがある人


○2000年代の東京を観たことがある人


○世界の終わりを知りたい人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/77791/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
突如として東京に現れた巨神兵のお話です!!


映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映された短編作品です映画


そして、TV版でも同時に放送されていましたテレビ


どこからともなく現れ、東京の街を破壊していく"巨神兵"を描かれた特撮作品です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ナウシカ」の巨神兵――


まず、巨神兵と聞いて、ピンとこられた方もいらっしゃると思いますひらめき電球


本作の主人公(はてなマーク)の巨神兵とは、映画「風の谷のナウシカ」に登場する、あの巨神兵です叫び


本作は、あの巨神兵を実写で観ることができます目


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スタジオジブリの特撮作品――


主人公(はてなマーク)が巨神兵ということで、本作はスタジオジブリの作品ですニコニコ

ジブリの特撮映画です映画

決して楽しい内容ではありませんが、「風の谷のナウシカ」を観たことがある方は、楽しめるところもあると思いますチョキ

「ナウシカ」を観たことがない方は、「ナウシカ」を先に観てみてもいいかもしれません目


観たことがある方にもない方にもオススメです!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ナレーションは林原めぐみさん――


本作にはあまり人間が登場しません。

あまり登場しませんが、ある男の子の視点で展開します目

その男の子の声(ナレーション)を担当しているのが、"林原めぐみ"さんですニコニコ

暗くなり過ぎず、落ち着いた感じで、"世界の終わり"刻々と近づいてきていることが伝わってきますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
巨神兵が淡々と東京を破壊する短編作品ですグー


映画「巨神兵東京に現わる」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○巨神兵が現れた理由


巨神兵=世界の終わり



巨神兵の出現には、前兆があります目


前兆はありますが、ほとんどの人たちは全く気づきません汗


気づいた人の言うことも信じませんあせる


そして、巨神兵(=世界の終わり)が目に見えたときに初めて気づきますえっ


短編ですが、いろいろ考えることもできる作品です得意げ


観る人によって、いろいろな観方ができるように思います目


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろいろ考えることもできますが、とてもシンプルな内容ですグッド!


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


2014年11月1日(土)~2015年1月12日(月)まで、名古屋市科学館で観られます!

ご興味ある方はゼヒ行ってみてください!


まず「ナウシカ」から!という方には─

風の谷のナウシカ [ 島本須美 ]

価格:4,606円
(2014/9/26 08:28時点)
感想(1件)



お家でレンタルという方にオススメ!
動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「SF」 の記事