映画「世界の中心で、愛をさけぶ」観ましたェ(+o+)/

"純愛"――この言葉が素直に使える感動作ですにひひ


※この写真はイメージです。プロ志望のフォトグラファーのTAKUさんに撮影して頂きましたカメラ

TAKUさんのブログ「Pure Photography」はこちら



【観賞スタイル目
○DVD(購入)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○素直に観れて素直に感動できるストーリー


○全てがきれいに描かれているところ


○1回目と2回目で大きく変わる印象



【オススメな人グッド!

○感動したい人


○"セカチュー"を知らない人


○内に秘めた"濁り"を洗い流したい人(?)



【紹介サイト音譜

http://aiosakebu-dvd.jp/sakuhin/index.html
アップあらすじなどはこちらから

※"セカチュー"を知らない方はまだリンク先へ行かないことをオススメします音譜

=================


本作は、

高校生の"朔太郎"(さくたろう)と"亜紀"(あき)の儚(はかな)くも切ない純愛を描いた作品ですキラキラ
(あまり説明もいらないかもしれませんが音譜)


"セカチュー"ブームを巻き起こした、行定勲さん監督の感動作ですキラキラ


原作「世界の中心で、愛をさけぶ」(片山恭一さん)も200万部を超えた、間違いない作品ですチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
素直に観れて素直に感動できる――


伏線や観ている人への裏切りもありません。


本当に自分の思い出を振り返るかのように観れて、素直に感動できますニコニコ


ストーリーも、大人になった"朔太郎"が、"亜紀"との思い出を思い出す形で進んでいきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
全てがきれいに描かれている――


純愛ということで、"朔太郎"と"亜紀"の思いはきれいに描かれていますキラキラ


その他の登場人物も含めて、悪意なんてものは一切出てきませんニコニコ


・誰かを陥れてやろう
・出し抜いてやろう


なんて思いはありません。


そして、情景もとてもきれいな作品ですキラキラ

特に夕日のシーンなどが・・・晴れ
(これも"ユキサダ・オレンジ"の1つなのでしょうかはてなマーク)


これらも感動できる大きな要因かもしれませんねニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1回目と2回目で大きく変わる印象――


本作は多くの方が既に大まかな内容は


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「恋愛」 の記事

映画「武士の献立」観ましたェ(+o+)/

"包丁侍"を見事に支えるお嫁さんの強さと懐の深さを感じながら、加賀料理が食べたくなりますにひひ



【観賞スタイル目
○スマートフォン(TSUTAYA TV)


【観賞した場所映画
○自宅



【オススメな所カチンコ
○料理の腕でお家の危機を救ったお嫁さんの強さと懐の深さ


○人を斬るより多い、食材を切るシーン


○おいしそうな料理


【オススメな人グッド!

○江戸時代の料理に興味がある人


○あまり斬り合わない時代劇が好きな人


○料理しようという思いは持ってる人(?)


【紹介サイト音譜

http://www.bushikon.jp/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

"包丁侍"(=藩の料理人)として加賀藩に仕えた侍一家のお話ですキラキラ


料理を通して、深くなる家族の絆が見えてくる感動作ですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
お嫁さんの強さと懐の深さ――


料理の腕を見込まれ、江戸から嫁に来た"春"(上戸彩さん)が良さが至るところに出てきますキラキラ


・年下の夫"舟木安信"(高良健吾さん)から"古狸"と揶揄されながらも、笑って受け入れる懐の深さ


・お家(いえ)の一大事にも果敢に行動する強さ


料理人の家に料理ができるから嫁いできたというだけでないところが良いですねニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人より食材を切る――


時代劇といえば、人を斬る!というアクションのイメージが強い方も多いかもしれません。
(そうでない作品を増えてますが・・・ニコニコ)


本作は、"人"を斬らずに"野菜"を切りますビックリマーク"魚"をさばきますビックリマーク


料理を通して深めていく家族の絆のお話ですキラキラ


上戸彩さん、高良健吾さんたちは、ほとんどご自身で料理をされているんでしょうね~得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちょっとヨダンですが・・・


今回初めて、動画配信で視聴しました目


なぜ動画配信で観たのかといいますと、
TSUTAYA DISCASの会員に1回視聴分のポイントがプレゼントされたからですチョキ


この機会にせっかくなので、観てみましたニコニコ


個人的にはやっぱり大きな画面で観たいですね~目

おいしそうな料理、大きく観たら、もっとおいしそうだったような気もします音譜
なので、今度はTVにつないで観てみたいと思いますビックリマーク
(あ、決してスマホ視聴反対派ではありませんよ~)


あと、通信環境も大事です!!
安定したWi-Fi環境があるとベストですねグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
実在する一冊の献立書から生まれた、
おいしそうな料理と深まる家族の絆が楽しめ


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事

映画「女子ーズ」観ましたェ(+o+)/

片手間でやってるのに必死さも伝わってくる、超脱力系の面白さですにひひ




【観賞スタイル目
○映画館(本編97分)


【観賞した場所映画
○TOHOシネマズ 西宮OS


【オススメな所カチンコ
○全体に広がるユルさと笑い


○随所に盛り込まれた女子あるある


○地球を守るヒロインたちの片手間感


【オススメな人グッド!

○"女子ーズ"に応援している隊員がいる人


○ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズが好きな人


○肩の力を抜きたい人(?)


【紹介サイト音譜

http://jyoshizu.com/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

突然、地球の平和を守る戦隊の隊員に選ばれた"女子"たちが、自分たちのプライベートな時間と戦いながら、怪人たちと戦う、脱力感満点の物語ですにひひ


「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「コドモ警察」などの監督・福田雄一さんの作品ですので、脱力系のノリと笑いが繰り広げられて面白いです音譜


勇者ヨシヒコ公式サイト
右矢印http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshihiko/


コドモ警察公式サイト
右矢印http://kodomokeisatsu.com/drama/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
片手間ヒロイン"女子ーズ"――


それまで普通の生活をしていた"女子"たちが、いきなり地球を守る戦隊に選ばれます。


レッド 赤木直子:桐谷美鈴さん
右矢印真面目ですグー


ブルー 青田美佳:藤井美菜さん
右矢印ギャルっぽいですキラキラ


イエロー 黄川田ゆり:高畠充希さん
右矢印ツッコミですパー


グリーン 緑山かのこ:有村架純さん
右矢印素直(天然はてなマーク)ですニコニコ


ネイビー 紺野すみれ:山本美月さん
右矢印超お嬢様ですベル


選ばれた理由なんとなく分かりそうですね~得意げ


それぞれが自分の仕事やプライベートの合間をぬって、怪人たちと戦うので、来たり来なかったり、やらされてる感も満載ですグッド!


このあたりから既にユルさ全開で面白いですにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
怪人との戦いよりプライベート!?――


戦隊モノですが、怪人との戦いは重要ではありませんあせる


怪人が現れても、全員が揃わなかったり、揃うまで待ってもらったり、"女子トーク"で盛り上がったり、全然集中しませんえっ


怪人をも巻き込む超脱力系のノリと笑いがとても面白いですにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今回も登場ビックリマーク佐藤二朗さん――


佐藤二朗さんは今回、"女子ーズ"の指揮官"チャールズ"として登場しますチョキ


「勇者ヨシヒコ」シリーズの"仏"と同じような存在ですニコニコ


"女子ーズ"とは直接会ったりはしませんが、映像通信的な感じで指令を出したりボケたりツッコんだり、めちゃくちゃ楽しそうです音譜


佐藤二朗さん公式サイト
右矢印http://satojiro.com/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ユルさ全開、超脱力系、本当に気楽に楽しめる作品です音譜


肩の力なんていりませんビックリマークもう肩もいらないくらいです!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ




○見事な片手間っぷり


"女子ーズ"は、仕事、バイト、プライベートの合間をぬって怪人との戦いに参加します。
なので、様々な理由で戦いに来ないことがありますえっ


・戦いより"まつエク"
・戦いより"プレゼン"
・戦いより"稽古"


などなど


怪人の前に"女子ーズ"が登場したとき、何人いるのか、誰がいるのか、楽しみがたくさんありますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○重要でないはてなマーク怪人との戦い


"女子ーズ"の心情と同様に、作品中でも怪人との戦いはそんなに重要視されていませんえっ


・怪人の名前が適当はてなマーク
・戦う場所がいつも同じ
・怪人の説明を聞かない
・怪人が倒されるシーンすらないときがある


などなど


いかに"女子ーズ"が揃うまでが大事か、怪人に対する"女子ーズ"のリアクションなどが重要視されていて面白いですにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
レッドを中心に、"女子ーズ"全員にスポットライトが当たって、それぞれのキャラクターがしっかりした面白い作品です音譜



疲れたとき、笑いたいとき、肩の力を抜きたいときなどにオススメですにひひ



ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「女子ーズ」片手


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「コメディ」 の記事

映画「アンストッパブル」観ましたェ(+o+)/

止まらない列車の怖さ、止めようとする人を想う人たちの緊張感が伝わってきますにひひ



【観賞スタイル目
○TV(録画・日本語吹替版)


【観賞した場所映画
○自宅

【オススメな所カチンコ
○暴走する列車の迫力と怖さ


○暴走を止めようとする人とそれを見守る人たちの緊張感


○緊張感の中にある楽しい(?)会話


【オススメな人グッド!

○緊張感がある映画が好きな人


○デンゼル・ワシントンさん、クリス・パインさんが好きな人


○列車の運転士か車掌になりたい人(?)


【紹介サイト音譜

http://movies2.foxjapan.com/unstoppable/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

無人で暴走する列車を止める為に奔走する男たちのお話です!!


止まらない列車の怖さ止めようとする男たちの想いそれを見守る人たちの想いが伝わってくる作品ですニコニコ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
止まらない列車の怖さ――


時速100kmで走る全長800mの列車が暴走することの怖さがよく分かりますビックリマーク


線路の上を走っているだけなのに、とても迫力がありますビックリマーク


徐々に"ヤバく"なっていく感じに緊張感が増していきますあせる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ベテランと新人のコンビ――


・フランク(ベテラン運転士):デンゼル・ワシントンさん


・ウィル(新人車掌):クリス・パインさん


経験豊富なベテランのフランクと、新人ながら車掌という指示する立場にあるウィル。

初めて一緒に仕事をする2人が反発し合ったり協力したり、立場が入れ替わる感じが面白いですグッド!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
見守るしかない人たちの想いと緊張感――


暴走する列車の状況は、ニュースとして生中継されますテレビ


珍しくない手法ではありますが、
これを観ることしかできない人たちの緊張感が伝わってきます汗


特に、"フランク"と"ウィル"の家族の想いがよく伝わってきますキラキラ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
常に列車脱線の怖さがつきまとうので、楽しいだけの作品ではありません。


フランクとウィルの心地よい軽さがある会話や、その2人を見守る家族の想いなど、楽しめる要素はたくさんある作品です!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ< /font>



○緊張感の中にある楽しい(はてなマーク)会話


暴走する列車を追いかけるフランクとウィルですが、その2人の会話で少し和みますニコニコ


ほぼ初対面の2人は、暴走列車を追いかける緊張感の中で、自身の身の上話を始めます音譜

これで2人が徐々に打ち解けていく感じが良かったですグッド!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○トニー・スコット監督作品


本作の監督は、トニー・スコットさんです。


デンゼル・ワシントンさんとのタッグも多いですね~得意げ


「クリムゾン・タイド」
「デジャヴ」
「マイ・ボディガード」


などなど


みなさんもどれか知っている作品があるのではないでしょうかはてなマーク

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○列車の暴走の原因は、単純ミスはてなマーク


列車暴走のきっかけは、作業の遅延に焦った単純なミスです。
日常的な作業への慣れが招いた大事故という感じです。


・ハインリッヒの法則
1件の重大な事故、災害が起こるまでには、29件の軽微な事故、災害があり、さらに300件のヒヤリ・ハットがあるえっ


・ヒヤリ・ハット
結果的には、事故、災害とはならなかったが、一歩間違えれば事故、災害となっていたかもしれない事象のこと叫び


みなさんも気をつけましょう!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
話がちょっとダッセンしかかりましたが、暴走する無人列車が脱線するかしないかの緊張感ある作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「アンストッパブル」(字幕版)

右上矢印すぐに観たい方はこちらからどうぞ!


アンストッパブル [ デンゼル・ワシントン ]

価格:1,080円
(2014/6/17 10:23時点)
感想(4件)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」観ましたェ(+o+)/

カジノの魔力と駆け引きが詰まってて面白いですにひひ



【観賞スタイル目
○TV(録画・字幕版)


【観賞した場所映画
○自宅

【オススメな所カチンコ
○ブラックジャック攻略法の分かりやすさ


○カジノの魅力と魔力


○ベンの天才的な頭脳



【オススメな人グッド!

○数学がちょっとでも好きな人


○ブラックジャックで遊んだことがある人


○カジノでひとヤマ当てたい人(?)



【紹介サイト音譜

http://bd-dvd.sonypictures.jp/21/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

数学的な考えを使ってブラックジャックに挑み、大金を稼ごうとする学生たちのお話ですお金


カジノ側としてはほぼアウトみたいですが、法律上は問題のない、数学に長けた者たちができる手法を使います得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ブラックジャックの攻略法――


ブラックジャックの攻略には、"カウント"という方法を使います。


ざっくり説明すると、配られたカードを記憶して、残りのカードを把握した時点で大きく勝負する
という方法ですチョキ


当然、メモを取ったりはできないんですけど、頭の中で計算する分にはバレません得意げ

ちょっとややこしそうですが、"ベン"たちが計算してくれますので、特に考えずに観ているだけで楽しめますニコニコ


本作では、チームを組んで"カウント"を行います。

このチームでの戦略なども面白いですグッド!


ただ、ブラックジャックのルールは知っておいた方が楽しめます音譜
ブラックジャックのルールがよく分からない方はこちらが分かりやすいと思いますパー
右矢印http://www.cec-gk.jp/casinoblackjack.html


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
カジノの魅力と魔力――


カジノで成功すると、一夜にして10万ドル以上を稼げるという"魅力"がありますお金


しかもそれが、運ではなくて、確実に稼げるとしたら・・・えっ


この魅力が"魔力"となって、抜けられなくなってしまう・・・叫び


その怖さも感じることができますあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
数学の天才"ベン"――


ハーバード大学に普通に進学できるような頭脳の持ち主のベン。


授業中、アルバイト中などなど
その天才っぷりをいろいろなところで発揮されていますキラキラ

このあたりも面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
決してカジノを推奨している作品ではありませんビックリマーク
ありませんが、カジノの楽しさと怖さが描かれた面白い作品です!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○カジノで"勝つ"為に必要なこと


本作では、カジノで勝つ為に必要なことについても描かれています。
それは、"メンタル"ですグッド!


引き際の強さが大事です。

勝っているときの止めどき、分が悪いときの止めどきで、いかに止められるか、これが重要ですビックリマーク

何とか勝ちたいという思いから、運任せの勝負に出てしまうことの怖さが伝わってきますあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○"カウント"ができる人間


"カウント"を使ってカジノで稼げる人間が何人か登場します。


・ベン:ジム・スタージェスさん
本作の主人公です。その数学の才能と冷静さを見込まれてチームに入ります。
右矢印普通の学生がカジノで才能を開花し、変わっていく様が良かったですニコニコ


・ローザ教授:ケビン・スペイシーさん
チームのボス的な存在。ベンをチームにスカウトしたが、自身も負けず劣らずの頭脳の持ち主です。
右矢印ケビン・スペイシーさんは、偏屈な感じの役柄が多いように思いますが、ハマってると思いますニコニコ


・コール:ローレンス・フィッシュバーンさん
カジノに雇われている"カウント"を見破る側の人間です。
右矢印映画「マトリックス」の"モーフィアス"で知っている方も多いのではないでしょうかはてなマーク


このように、ベンが突出した才能を持っているというわけではなく、同じようなことができる人間はたくさんいます。

"チーム"としてやっていくことでうまくいく感じが面白いです音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○チームで使用する"サイン"と"暗号"


ベンたちは、5人くらいでチームを組み、役割分担をしてカジノに行きます。


・プレイヤー
実際に稼ぐ為に勝負する役割です。
状況が良くなったテーブルにつき、カウントを駆使して勝負をします。
主にベンが担当します。


・偵察
様子を見ながらテーブルにつき、状況が良くなったときに"プレイヤー"にサインを出します。
その他にも、"プレイヤー"にカウントの状況を暗号で伝えたり、引き際のタイミングをサインで伝えたりします。


チームのメンバーは、カジノ内では他人同士として行動しますシラー

その為、サインや暗号が重要となり、この駆け引きも面白いですにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
カジノで一気に大金を手にするの面白さも怖さも、描かれた面白い作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」(字幕版)
右上矢印いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]

新品価格
¥997から
(2014/6/16 11:00時点)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/



コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事