映画「ラスト・ソルジャー」観ましたェ(+o+)/

ジャッキー(・チェンさん)の楽しい歴史アクションですニコニコ




【観賞スタイル目
○DVD(レンタル・字幕版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○敵対関係や身分の差を超えた友情(?)


○ジャッキー(・チェンさん)の楽しいアクション


○いろいろと登場する動物たちの演技



【オススメな人グッド!

○ジャッキー(・チェンさん)が好きな人


○中国の歴史にそんなに詳しくない人


○敵対関係や身分の差に関係なく友情があることを信じる人(?)



【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/55717/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

統一前の中国(紀元前227年)で起こったある戦で出会った脱走兵敵国の将軍の2人の男の物語です!!


統一前の中国のお話ですので、聞きなれない国の名前がいくつか出てきます。


出てきますが、脱走兵と将軍の国を押さえておけば大丈夫ですので、歴史が苦手な方でも楽しめますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
敵対関係や身分の差を超えた友情(はてなマーク)――


・脱走兵 = 梁 : ジャッキー・チェンさん


・将軍 = 衛 : ワン・リーホンさん


とある戦で戦い、生き残った2人。

脱走兵が将軍を捕虜にし、自国へ連行しようとしていく中で、様々なことが起こります。


最初は当然、お互いを一切信用しませんが、徐々に友情のようなものを感じるようになっていくところが観ていて楽しいですチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ジャッキー(・チェンさん)の楽しいアクション――


本作でも、ジャッキー(・チェンさん)は、アクション全開ですグー


役柄もあるかと思いますが、それが途中途中に笑いがあって面白いですニコニコ


定番中の定番ですが、ジャッキー(・チェンさん)のアクションは観ていて楽しいですね~音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろいろと登場する動物たちの演技――


戦なので、馬は当然出てきますが、戦に関係ないところでも、いろいろな動物が登場します。
みんなうまく演じていて面白いです。
(たぶん全て本物だと思いますが・・・汗)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
中国の歴史ものですが、細かな設定などは気にせず、ジャッキー(・チェンさん)のアクション映画として楽しめます!!
エンディングでのNG集も定番ですが楽しいです音譜



ゼヒ観てみてくださいにひひ








※ここから先はネタバレの可能性があり ます<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○ストーリーに影響する登場人物


脱走兵と将軍の2人がメインですが、その他にもたくさんの登場人物がいます。


そんなに複雑ではないと思いますが、それぞれの立場を理解しておけばより楽しめると思いますチョキ


・戦場近くの家に住む(?)女性

・将軍を追う同国の軍

・野盗(?)の集団


などなどです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○脱走兵の特技


アクションの笑いの要素にもなっている脱走兵の特技(はてなマーク)があります。
・石投げ
・死んだふり(はてなマーク)


右矢印この脱走兵、戦うと実は強いんじゃないでしょうか得意げ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
残酷なシーンもなくて、笑いがあるジャッキー(・チェンさん)のアクション映画ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「ラスト・ソルジャー」(字幕版)

右上矢印いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


ラスト・ソルジャー [ ジャッキー・チェン[成龍] ]

価格:1,080円
(2014/6/30 12:05時点)
感想(1件)

お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/





コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「アクション」 の記事

映画「フォーン·ブース」観ましたェ(+o+)/

電話での会話中心にも関わらず、緊張感があって面白いですにひひ





【観賞スタイル目
○TV(録画・日本語吹替版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○電話での会話を中心に進む緊張感ある展開


○主人公の焦りと追い込まれた感じ


○”声”の主の演技(?)力



【オススメな人グッド!

○緊張感があるサスペンスが好きな人


○コリン・ファレルさんが好きな人


○電話ボックスが好きな人(?)



【紹介サイト音譜

http://movies.foxjapan.com/phonebooth/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

電話ボックスから出ることを許されなくなった男と電話の声の主との緊張感溢れる駆け引きのサスペンスです!!


スマートフォンが珍しくないこの時代に、
電話ボックスの周辺と電話での会話が中心という、限定されたシチュエーションが面白いですニコニコ
(作品の世界にも携帯電話携帯は存在しています)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
電話での会話を中心に進む緊張感ある展開――


主人公と電話の声の主との会話がメインですが、声の主が用意周到に準備している為、単なる遊びで終わりません。


些細ないざこざから始まり、警察沙汰、マスコミの報道と、どんどん大きな事件となっていく展開が面白いですえっ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
主人公の焦りと追い込まれた感じ――


主人公スチュー:コリン・ファレルさん

タレントの宣伝や情報を流して知名度を上げるPRを仕事としています。

1本の電話に出たことから窮地に追い込まれます叫び


・死ぬかもしれないという恐怖
・知られたくない秘密
・巻き込みたくない人たち


これらのことでなかなか周囲に助けを求められない主人公スチューですが、電話の声の主の言うことも素直に聞けず、どんどん焦りますショック!

そして、追い込まれますしょぼん


このどうしようもない感じが、見事に出ています。

コリン・ファレルさんが好きな方にもオススメですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"声"の主の演技(?)力――


電話の声の主は、姿を見せずにスチューを追いこんでいきますナゾの人


・スチューを信じこませる話術
・スチューを追いこむ情報力
・スチューを諦めさせる(?)周到さ


どこまでが本当で、どこまでが冗談か掴みにくいところがまた、緊張感を増していきますえっ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
電話ボックスという限定されたシチュエーションで電話での会話がメインですが、様々な仕掛けがあり、周囲の人たちも巻き込んでいくなど、どんどん増していく緊張感を楽しめる作品です!!

ゼヒ観てみてくださいにひひ








※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○スチューが狙われた理由


スチューは偶然に巻き込まれた訳ではありません。
電話の声の主が意図的に選んでいます。


・人を貶めるようなことで報酬を得いている

・見栄や自分の欲の為に周囲の人を騙している

・自分より立場の弱い人に対して見下すような態度を取る


これらのことから、スチューが電話の相手に選ばれ、
これらのことから、スチュー自身が追い込まれる状況を作っていくことになります叫び
右矢印状況が悪化していく中でも、途中で改善できていれば、まだ救われることもあったかもしれませんね~汗


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○電話の声の主


電話の声の主は、(ほぼ)その姿を現しません。

誰が演じているのか、気になるところでもありますよね~得意げ


エンドロールで名前は出てくるので、そこで「あぁ~!」ってなる方もいると思います音譜


ちなみに、TVの日本語吹替版では、大塚明夫さんだったと思います。
右矢印声から判断しました。


これが、小山力也さんだったら、もっと感じるものがあったかもしれませんひらめき電球
右矢印これで何かピンとくる方は、ニヤリとしておいてください得意げ


ちなみにのちなみにで、ちょっとヨダンですが・・・

本作のタイトル「フォーン・ブース」を"ポンジュース"のコマーシャル風に言ってみると似てる気がしますキラキラ


ポン~音譜ジュ~ス~音譜

フォォン~音譜・ブ~ス~音譜


どうでもよ過ぎることでした<(_ _)>


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
主人公自身の人間性の問題や傲慢さが状況を悪化させますが、それでどんどん緊張が増していく面白い作品ですにひひ



ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「フォーン・ブース」(日本語吹替版)

右上矢印いますぐ観たい方はこちらからどうぞ!


フォーン・ブース [DVD]

新品価格
¥883から
(2014/6/29 04:10時点)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事

映画「アース」観ましたェ(+o+)/

四季折々の地球とそこに生きる動物たち、地球の素晴らしさを実感できますニコニコ




【観賞スタイル目
○TV(録画・日本語吹替版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○映像を観て体感できる素晴らしい地球


○弱肉強食の世界に生きる動物たち


○四季の変化を伝える植物たち

【オススメな人グッド!

○美しい大自然が好きな人


○動物の親子が好きな人


○地球の良さを忘れちゃった人(?)



【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/53253/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

地球の美しい大自然を撮影したドキュメンタリーです映画


地球の素晴らしさ、過酷さを改めて確認できますキラキラ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映像を観て体感できる素晴らしい地球――


北極点から順番に、地球の大自然が映し出される本作では、時間の流れに沿ってその美しさを観ることができます目


・四季の変化
・時間の変化(昼⇒夜)


これらの変化を通じて、地球に生きる植物たちの動き、動物たちの生態を知ることができますチョキ
地球は本当に美しいということを実感できます音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
弱肉強食の世界に生きる動物たち――


動物の親子のかわいい映像もたくさんあって楽しますが、やはりそこは弱肉強食の世界・・・汗


肉食動物に襲われる草食動物もたくさん撮影されています馬


これも分かっていることではありますが、日常生活ではなかなか実感できないことを思い出させてくれます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
四季の変化を伝える植物たち――


季節によって様変わりする地球を表現しているのは植物たちですクローバー


時間の経過によって、色や形を変化させる植物たちがいるからこそ、美しい地球が存在し、動物たちが生きられるということを実感できます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
絶妙なバランスの上に存在している地球の良さ、大切さを実感できる作品です
ニコニコ


ゼヒ観てみてくださいにひひ








※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○動物の親子


< /p>

本作では、たくさんの動物の親子が登場します。


その中でも特に印象に残った親子を紹介したいと思いますチョキ


・ホッキョクグマの親子

エサを獲る為に海へ向かう母グマと2頭の子グマの親子です。
右矢印とてつもなく急な雪の斜面を登る子グマの姿がかわいいですニコニコ


・オシドリ一家

木の幹に巣を作り、家族で生活しているオシドリが巣から出てくるところがあります。
右矢印子供にとっては初めて、巣から飛び立つところなのですが、飛び立つというより、ほぼ落下って感じです。
それでも羽をバタバタさせながら地面に降りる(落ちるはてなマーク)ところがかわいいですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○弱肉強食の世界


所詮この世は弱肉強食・・・by志々雄真実
(すみません、ちょっと「るろうに剣心」が入ってしまいました<(_ _)>)


自然界において、子供が生き残る確率はやっぱり低いんです。


草食動物の子供は肉食動物に狙われ、肉食動物の子供は親が狩りに失敗すれば餓死してしまいます叫び
右矢印動物のドキュメンタリーを観ていると、どうしても襲われる草食動物に感情移入してしまいがちですが、食べないと生きていけない肉食動物のことも考えてしまいました目


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映像に観とれたり癒されたり考えさせられたり
大自然の素晴らしさも過酷さも描かれたドキュメンタリーですキラキラ


ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「アース(日本語吹替版)」

右上矢印いますぐ観たい方はこちらからどうぞ!


アース [DVD]

新品価格
¥921から
(2014/6/28 08:13時点)



お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/~




コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドキュメンタリー」 の記事

映画「オールド・ボーイ」観ましたェ(+o+)/


15年間監禁された理由を追う主人公の目線でストーリーを楽しめます目



【観賞スタイル目
○DVD(レンタル・字幕版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○主人公が15年間監禁されていた理由と謎を知っていく緊張感


○追っているのか、追われているのか分からなくなりそうなストーリー


○原作が日本のマンガ



【オススメな人グッド!

○原作「ルーズ戦記 オールド・ボーイ」を知らない人


○主人公と同じ目線で謎を解明したい人


○"衝撃の結末"という言葉に弱い人(?)



【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/1575/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

15年間監禁された男が、その"理由"を解き明かし、監禁した相手に復讐する物語ですグー


日本のマンガ「ルーズ戦記 オールド・ボーイ」(土屋ガロンさん原作 嶺岸信明さん作画)が原作の韓国映画です!!


本作は、ハリウッドでのリメイクされています(2014年6月28日より公開)映画
リメイク版のオフィシャルサイト音譜
右矢印http://www.oldboymovie.jp/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
主人公が15年間監禁されていた理由と謎を知っていく緊張感――


主人公"オ・デス"は、突然、理由も分からず15年間も監禁されますえっ


さらに、突然、理由も分からず解放されますえっえっ


そして解放された"オ・デス"は、監禁された理由と監禁した相手を見つける為に行動しますグー


観ている側もこの理由や謎の見え方が、"オ・デス"と同じ目線になる為、次の展開への緊張感を楽しめます目
(笑えるような楽しい展開はあまりありませんが)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
追っているのか、追われているのか分からなくなりそうなストーリー――


"オ・デス"の目的は復讐ですが、相手にも"オ・デス"を監禁、解放した理由があります。


どちらが主導権を握っているのかはてなマーク

進めば進むほど分からなくなりますが、惹き込まれるような展開で、目が離せなくなります目


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
原作が日本のマンガ――


本作のことを知るまで、原作「ルーズ戦記 オールド・ボーイ」(土屋ガロンさん原作 嶺岸信明さん作画)については知りませんでしたあせる


ですので、どの程度、原作を忠実に実写化しているのかはてなマークといったところは分かりませんショック!

分かりません


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事

映画「マッチスティック・メン」観ましたェ(+o+)/

強迫的な潔癖症の詐欺アーティストの人間性や周囲の人たちとのやり取りにくすっと笑いながら楽しめますにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画・日本語吹替版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○主人公"ロイ"の人間性


○サスペンスよりのコメディ


○詐欺を美化していないところ



【オススメな人グッド!

○気楽に観られる映画が好きな人


○リドリー・スコット監督の作品をよく観る人


○親子の会話にちょっと悩んでる人(?)



【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/1524/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

強迫的なまでの潔癖症で悩む"詐欺アーティスト"(自称)と突然現れた自分の娘(14歳)との微笑ましい(はてなマーク)お話ですニコニコ


主演ニコラス・ケイジさん、監督リドリー・スコットさんです!!

リドリー・スコット監督は、本作が初のコメディだったらしいです(2003年公開当時)えっ


詐欺師が主人公ですが、詐欺や犯罪を美化しているわけではありません。


独身中年男性が突然、自分に娘いることを知ったら・・・という、くすっとできる作品ですチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
主人公"ロイ"の人間性――


"ロイ"は詐欺を仕事としていますが、どこか憎めないところがありますニコニコ


・会話の端々から伝わる神経質な感じ
相棒の"フランク"との会話などが面白いです音譜


・薬が必要な程の潔癖症
薬が切れると、ちょっとした汚れが気になりだし、一日中、家の掃除をしてしまいますあせる


これが仕事に影響がでるくらい深刻なのですが、ここにアンバランスな感じが出ていて面白いですニコニコ


"詐欺師に悪そうな人(見た目)はいない"という話を聞いたことがありますが、まさにそんな感じです。

"ロイ"を知れば知る程、その人間性に興味を持ってしまいます目


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サスペンスよりのコメディ――


本作は、詐欺師のコメディという印象です。
(相変わらず、ジャンル分けは微妙すぎて難しいのですが・・・)


コメディといっても、ギャグや大爆笑するような仕込みがある感じではありません汗

かといって、人生最大の大仕事に挑む詐欺師のサスペンスといった感じでもありませんあせる


ありませんが、逆にそれよって、肩の力を入れずに楽しめる要素になっていると思いますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
親子の微妙な空気感――


"ロイ"が、娘"アンジェリカ"(14歳)と接するときの微妙な空気感が面白いですニコニコ


娘をすぐに受け入れようとしますが、距離を詰め切れずにいるような感じがありますあせる


逆に"アンジェリカ"の方がズカズカと踏み込んでくる感じが強く、"ロイ"の戸惑いっぷりが楽しいです音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
詐欺師が主人公なので、詐欺のこともいろいろ出てきますが、肩の力を抜いて、親子のお話として観ることをオススメします
ニコニコ


ゼヒ観てみてくださいにひひ








※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"ロイ"の詐欺師としての誇り


・誰も気づ付けない(肉体的に)
・無理矢理は奪わない


お金を相手から騙し取るのですが、話にノってこない相手にはそれ以上踏み込まないようにしていますあし
右矢印これが良いか悪いかでいうと、悪いんですが、"ロイ"の誇りです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○"アンジェリカ"の演技力


"アンジェリカ"にも詐欺師としての才能があるのか、ないのか、初対面の人をさらっと騙してしまいますえっ

"ロイ"は娘には詐欺師になってほしくないという思いはあるようですが、その才能は認めてしまいそうになります汗
右矢印この"アンジェリカ"の演技力は観ていても騙されますね~得意げ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
詐欺や犯罪がテーマの作品ですと、どうしても騙す/騙されるを意識して観てまいますが、本作は何も考えずに観た方が楽しめる作品ですチョキ


くすっと笑いたいときニコニコに、リラックスしてお茶


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「マッチスティック・メン(字幕版)」

右上矢印いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


マッチスティック・メン 特別版 [DVD]

新品価格
¥670から
(2014/6/26 07:48時点)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「コメディ」 の記事