映画「ねこタクシー」観ましたェ(+o+)/

御子神さんとコムギに癒されますニコニコ


※手前が御子神さんで、奥がコムギですにゃー

【観賞スタイル目
○TV(録画)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○おとなしくてかわいい御子神さんとコムギ


○人と人とをつなぐねこたち


○「幼獣マメシバ」シリーズのスタッフさんたち


【オススメな人グッド!

○ねこが好きな人


○ねこを飼いたい人


○タクシーに一人で乗るのが苦手な人(?)


【公式サイト音譜

http://nekotaku.info/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
売上の上がらない中年タクシー運転手が、ねこに癒されるお話ですネコ


中年タクシー運転手がねこネコに癒される話ですが、ねこネコをタクシーに乗せて営業することで、お客さんも癒されるし、観ている側も癒やされます音譜


観ているだけで、ねこネコと遊びたくなるかもしれない作品です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
おとなしくてかわいい御子神さんとコムギ――


本作で中心となるねこネコは、御子神さんとコムギの2匹ですチョキ


中年タクシー運転手が偶然出会った御子神さんとの縁で、飼うことになりますにひひ


この御子神さんとコムギを含めたねこネコたち、決して演技している訳ではないと思うんですが、自然体すぎて癒やされますキラキラ

遊んでる姿もそうですが、寝ているだけでも心が和みますニコニコ



ねこネコを飼ってなくても、ねこネコと接する機会がなくても、楽しめます音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と人とをつなぐねこたち――


中年タクシー運転手"間瀬垣"は、職場でも家でも冴えない感じですしょぼん

仕事ではお客さんとうまく話せず、営業成績はダントツの最下位、家では娘にも相手にされず、負のスパイラルにハマってます叫び

そんなときに出会った御子神さんが間瀬垣に変化をもたらしますキラキラ

決して劇的な変化ではありませんが、お客さんと少し楽しく話ができたり、娘から話しかけてもらえるようになったりしますニコニコ


そんな冴えない中年タクシー運転手"間瀬垣"を演じるのは、カンニング竹山さんですビックリマーク


ねこネコに対しても、人に対しても、決して怒鳴ったりすることのない、根の優しい感じがとてもよく伝わってきますニコニコ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「幼獣マメシバ」シリーズのスタッフさんたち――


本作を制作するスタッフさんたちは、「幼獣マメシバ」シリーズと同じスタッフさんたちですチョキ

「幼獣マメシバ」シリーズも、冴えない中年ニートと小さな柴犬が主人公の作品ですが、動物たちが、自然体な感じが共通していますキラキラ

どちらも観ているだけで癒されるような雰囲気があります音譜

わんわん派猫わんわんにゃー派で分けられがち(はてなマーク)な昨今ですが、観る分にはどちらを観ても癒されるのでは ないでしょうか!?

(どうしても苦手という方がいらっしゃったら、<(_ _)>)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ねこネコに癒される作品です足あと


映画「ねこタクシー」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○動物愛護法


本作の内容をちらっと見て、ピンときた方もいらっしゃっるかもしれませんが、"ねこタクシー"は本来、許可がないとできませんえっ


動物愛護法(正式名称:動物の愛護及び管理に関する法律)に抵触してしまいますあせる


ねこカフェなどと同じ扱いになるそうですコーヒー


そのあたりも、本編に出てきますので、リアルな部分も描かれていますチョキ


許可や資格といった要素が、間瀬垣の本当の気持ちを周囲に伝えるきっかけになっているようにも思います。


癒やしと熱意のバランスも面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
疲れたとき乗ってみたくなる"ねこタクシー"オススメですニコニコ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画版 ねこタクシー DVD

新品価格
¥3,632から
(2014/8/30 09:05時点)


お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDや動画配信もあります!




最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでした(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事