映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」観ましたェ(+o+)/

ファンタジー以外の要素も楽しめる"奇妙"な物語ですにひひ




【観賞スタイル目
○Blu-ray(レンタル/字幕版/本編96分)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○"オッド・トーマス"の奇妙な能力


○"オッド・トーマス"を支える周囲の人たち


○ファンタジー以外の要素も楽しめるストーリー


【オススメな人グッド!

○死神とか幽霊とかが軽く好きな人


○ファンタジー系がお腹いっぱいの人


○奇妙なモノが見えちゃう人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/79429/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
死神や幽霊などが見える青年が主人公の"奇妙"なファンタジーですキラキラ


死神や幽霊が出てきますが、ホラー的な怖さはありません得意げ


死者の訴えが放っておけない優しい青年のお話ですニコニコ


アクションやミステリーの要素も詰まった"奇妙"なファンタジーです!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"オッド・トーマス"の奇妙な能力──


本作の主人公は、"オッド・トーマス"という青年ですビックリマーク


この"オッド"という名前には、"奇妙"という意味があります。


そして、その名前の通り"オッド"には、"奇妙"な能力がありますにひひ


◦幽霊が見える

◦死神が見える

◦念じながら歩けば、捜している人に会える


などなど。

あと、身体能力もすごいですグー


これらの能力は、街の人には知られていませんが、"奇妙"な人としては有名ですあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"オッド・トーマス"を支える周囲の人たち──


"オッド"は自分の"奇妙"な能力を人に隠していますが、知っている人もいますえっ

◦オッドの恋人
◦警察署の署長
◦署長の奥さん


あと、幽霊たちも知っていますニコニコ


これらの人たちは、オッドの能力を受け入れ、共に支え合っていますキラキラ


オッドが幽霊の訴えを聞いて、事件の犯人を捕まえたり、


それが原因で、オッドの能力がバレそうになるのを隠したり、

オッドが危険を察知してみんなを救ったり、


それが原因で、オッドの能力がバレそうになるのを隠したり・・・


これもオッドの優しい人柄があればこそですね~得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ファンタジー以外の要素も楽しめるストーリー──


本作は、ホラーじゃないけど、幽霊や死神が出てくるファンタジーですキラキラ

ファンタジーですが、他にもいろいろな要素がありますあし

◦オッドが魅せるアクション
◦オッドが推理するミステリー


などなど。


バリバリのファンタジーというよりは、現実よりちょっと"奇妙"な青年がこっそり活躍する物語ですニコニコ


ファンタジーが好きだけど、最近ちょっとお腹いっぱいという方にもオススメですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ファンタジーファンタジーし過ぎていない"奇妙"なファンタジーですにひひ


映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○オッドの"奇妙"な能力の使い方


本作は、オッドの能力の使い方がとても上手いですチョキ


オッド自身の使い方というよりは、ストーリーとしての使い方です目


"幽霊や死神が見える"能力で、笑いを誘ったり、ミスリードを誘ったり、面白いですにひひ


タイトルから、がっつりファンタジーな雰囲気を想像していましたが、現代の世界の範囲で起こるファンタジーですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
現代におけるちょっと"奇妙"なファンタジーが楽しめる作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!




オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [ アントン・イェルチン ]

価格:3,809円
(2014/10/15 08:15時点)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-ray、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ファンタジー」 の記事