映画「蝉しぐれ」観ましたェ(+o+)/

想いを伝えられない切なさが描かれていますキラキラ




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編131分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○身分の差が生む伝えられない想い


○離れ離れになった幼なじみ


○命令には背けない武士の社会


【オススメな人グッド!

○切ない時代劇が好きな人


○藤沢周平さん原作の作品が好きな人


○縦社会に翻弄されている人(?)


【公式サイト音譜

http://www.semishigure.jp/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
幼なじみの二人の男女が生きる武家社会のお話ですキラキラ


藤沢周平さんの同名小説が原作です本


身分の差から生まれる切なさが描かれた作品です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
身分の差が生む伝えられない想い──


本作は、武士の家に生まれた"文四郎"と幼なじみの"ふく"を中心に描かれた作品ですキラキラ


子供の頃からお互いを知っている二人が、その想いを伝えられずに成長していきます目


そして、武士の社会の中で、"身分"に翻弄され、生きる道が大きく異なってしまう2人の切ない物語ですキラキラ

◦文四郎:市川染五郎さん

◦ふく:木村佳乃さん


二人の切なさがきれいに描かれていますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
離れ離れになった幼なじみ──


お互いにその想いを伝えられない"文四郎"と"ふく"ですが、それは子供の頃から変わりませんキラキラ

二人の想いは変わりませんが、それぞれの環境が大きく変わってしまいますえっ

互いに、それまで住んでいた家を離れることになり、会うことが一切できなくなってしまいますしょぼん


そんな二人の子供の時代を演じるのが・・・


◦石田卓也さん
◦佐津川愛美さん


子供の頃がしっかりと描かれていますので、大人になった後の切なさがより大きく感じられますキラキラ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
命令には背けない武士の社会──


武士として生きる者は、上からの命令に背けませんビックリマーク

そして、主君には命をかけて仕えます!!

それは、文四郎も、文四郎の父"助左衛門"も同じですビックリマーク

この武士としての生き方が、文四郎の生き方に大きく影響します。

武士として生きるが故の切なさがあります。


この文四郎の父"助左衛門"を演じるのが、緒形拳さんですグッド!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
お互いの想いに気づきながら、伝えられない切なさが描かれていますキラキラ


映画「蝉しぐれ」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○人を斬るということ


文四郎は、剣の腕も立ちますグッド!


剣術道場の中でも、かなりの腕前ですビックリマーク


かなりの腕前ですが、人を実際に斬ったことはありません。


しかし、大切な人を守るため、刀を取り、人を斬ることになります汗


このあたりの心情も描かれていて、文四郎の心情がよく分かります目


ただ、この斬り合いのシーンでは、けっこう血が出ますので、苦手な方はお気をつけくださいあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
文四郎の心情がしっかりと描かれた作品ですキラキラ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


蝉しぐれ プレミアム・エディション [ 市川染五郎 ]

価格:5,076円
(2014/10/26 11:14時点)
感想(6件)


お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDも借りれます!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事