映画「最後の忠臣蔵」観ましたェ(+o+)/

死なずに生きることを命じられた武士の姿に感動しますキラキラ




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編133分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○"生きる"ことを命じられた二人の武士


○孫左衛門が"生きる"理由


○武家の娘と仕える武士


【オススメな人グッド!

○武士の生き方が好きな人


○忠臣蔵のその後が気になる人


○しっとりとした京都の雰囲気が好きな人(?)


【紹介サイト音譜

http://wwws.warnerbros.co.jp/chushingura/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
あの忠臣蔵から十六年後の物語ですビックリマーク


忠臣蔵前夜、姿を消した"瀬尾孫左衛門"(せお まござえもん)と孫左衛門が大切に育ててきた娘"可音"(かね)の感動の物語ですキラキラ


主君である大石内蔵助の下を去り、十六年間生き続けた瀬尾孫左衛門の生き方に感動します!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"生きる"ことを命じられた二人の武士──


本作は、赤穂浪士が討ち入りを行った"忠臣蔵"から十六年後の物語ですキラキラ


主君のために討ち入りを行った者は、ことごとく切腹となった中、十六年生き続けている者がいますえっ


瀬尾孫左衛門と寺坂吉右衛門(てらさか きちえもん)です!!

孫左は、討ち入り前夜に隊を脱走し、十六年間ひっそりと生きています吉右は、討ち入り後、大石内蔵助の命により、赤穂浪士の最期を遺族に伝えるために生きています。


臆病者、卑怯者と罵られることを覚悟の上で隊を離れた孫左と、討ち入り後の大役を果たした吉右との再会から始まる感動の物語ですキラキラ


そんな二人を演じるのが・・・


◦瀬尾孫左衛門:役所広司さん

◦寺坂吉右衛門:佐藤浩市さん


二人の友情にも感動ですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
孫左衛門が"生きる"理由──


孫左が主君、大石内蔵助の下を離れ、十六年もの間生き続けているのには、当然、理由がありますビックリマーク

その理由が"可音"ですキラキラ

孫佐の娘ではありません。

とある、やんごとなきお方の忘れ形見ですえっ


孫佐が十六年間、大切に育ててきましたニコニコ


この可音が、良家に嫁ぐまで側に仕えることが、孫佐の使命ですビックリマーク


そのために、どれだけの汚名を着せられようが、生き続ける姿に感動ですキラキラ


ちなみに、可音の出生については、ここでは書きません!!


孫佐が、然るべき時まで隠し続けていますのでパー


(あらすじなどには思いっきり書かれていますがニコニコ)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
武家の娘と仕える武士──


孫佐に大切に育てられてきた可音ですが、自身が孫佐の娘でないことは知っていますビックリマーク

孫佐に武家の娘として、育てられてきましたニコニコ

武家の娘と仕える武士として、暮らしています。

孫佐の望みは、可音が良家に嫁ぐことですが、可音の望みは、孫佐と一緒に暮らすことだったりします得意げ


ときには、父娘のように過ごしてきた可音と孫佐の関係にも感動ですキラキラ


そんな武家の娘として、とても雰囲気のある可音を演じるのが、桜庭ななみさんですグッド!


武家


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事