映画「恋におちたシェイクスピア」観ましたェ(+o+)/

あの名作の誕生と作家の恋を楽しめますにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/字幕版/本編124分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○作家"シェイクスピア"の恋


○名作"ロミオとジュリエット"誕生の物語


○シェイクスピアが生きたロンドン


【オススメな人グッド!

○シェイクスピアさんが好きな人


○"ロミオとジュリエット"のストーリーを知っている人


○ロミオかジュリエットに憧れている人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/44302/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
数々の名作を生み出してきた作家シェイクスピアの恋を描いた作品ですキラキラ


劇作家として、それほど有名でなかったシェイクスピアの姿が描かれていますニコニコ


あの名作"ロミオとジュリエット"誕生に隠された(はてなマーク)シェイクスピアの恋を楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
作家"シェイクスピア"の恋──


本作の主人公は、若かりし頃のシェイクスピアですビックリマーク


まだ作家としてもあまり有名でなく、悩める青年のシェイクスピアです目


そんなシェイクスピアが、1人の女性と出会い、恋におちていく姿がきれいに描かれていますキラキラ

そのシェイクスピアを演じるのが、ジョセフ・ファインズさんですグッド!

1人の女性のために、いくつもの壁を乗り越えていくシェイクスピアの恋を楽しめますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名作"ロミオとジュリエット"誕生の物語──


本作は、名作"ロミオとジュリエット"誕生の物語でもありますニコニコ

悲劇の恋が誕生に隠された(はてなマーク)シェイクスピアの想いや、時代背景も楽しめます音譜

(どの程度、実話が含まれているのかは分かりません<(_ _)>)

もともとは喜劇になるはずだった作品が、なぜ悲劇となったのかはてなマーク


名作誕生までの物語も楽しめますにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
シェイクスピアが生きたロンドン──


本作は、シェイクスピアが生きた時代(1600年前後)のロンドンの世界も楽しめますニコニコ

◦華やかな貴族の暮らし
◦舞台に女性が上がれない法律(はてなマーク)
◦一方的に決まる貴族の結婚

などなど。


これらを打ち破るようなシェイクスピアの恋を楽しめますグー


ちなみに、シェイクスピアが恋におちる女性"ヴァイオラ"を演じるのは、グウィネス・パルトロウさんです音譜


それと、エリザベス女性を演じる、ジュディ・デンチさんもとても印象的ですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名作誕生に隠された劇作家の恋を楽しめます音譜


映画「恋におちたシェイクスピア」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○舞 台とリンクする恋


本作の観所は、舞台のストーリーとリンクするシェイクスピアの恋ですラブラブ


ロミオ=シェイクスピア

ジュリエット=ヴァイオラ


シェイクスピアとヴァイオラの恋が始まることで、シェイクスピアの筆が進み、ロミオとジュリエットの恋も進んでいきますニコニコ


そして、その舞台の稽古の中で進む、ロミオとジュリエットの恋が、シェイクスピアとヴァイオラの恋にリンクしていきます目


時代が時代なら、幸せになっていたかもしれないロミオとジュリエットの2人と、シェイクスピアとしの2人が重なります得意げ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
悲劇へと進む舞台とその作家の恋の行方が楽しめる作品ですキラキラ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「恋におちたシェイクスピア」(日本語吹替版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!



恋におちたシェイクスピア [ グウィネス・パルトロウ ]

価格:1,000円
(2014/11/19 08:24時点)
感想(1件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-rayも借りれます!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「恋愛」 の記事