映画「スパイダーマン3」観ましたェ(+o+)/

スパイダーマンのアクションはやっぱり爽快ですにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/日本語吹替版/本編139分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○スパイダーマンの華麗な空中戦


○今度の敵は"サンドマン"


○ブラックスパイダーマン登場!?


【オススメな人グッド!

○前作(「スパイダーマン2」)までを観た人


○スカッとするアクションが観たい人


○スパイダーマンの恋が気になる人(?)


【紹介サイト音譜

"
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
トビー・マグワイアさん主演のスパイダーマンシリーズ第3弾ですニコニコ


監督は、サム・ライミさんですカチンコ


華麗で爽快なスパイダーマンの空中アクションと、ピーター・パーカーの人生(はてなマーク)が楽しめる作品です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スパイダーマンの華麗な空中戦──


本作の観所は、やっぱり空中を飛び回るアクションですグー


スパイダーマンが街を守るヒーローとして、大活躍しますチョキ


ビル群を飛び回るシーンは前作までより、さらにスピード感が増して、面白いですニコニコ

人を助けたり、敵と戦ったり、スパイダーマンの華麗なる空中アクションが楽しめます音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今度の敵は"サンドマン"──


「スパイダーマン」シリーズで登場する敵というと、超人的な力を手に入れた普通の人間ですグー

それは本作でも同じですグッド!

本作では、いろいろあって、何かの実験に巻き込まれて、体が砂みたいになった男"サンドマン"ですビックリマーク


スパイダーマンというよりは、ピーター・パーカーと因縁があるようですえっ


ピーター・パーカーの感情を揺さぶるような存在である"サンドマン"との戦いは、迫力がありますグー


それにしても、スパイダーマンの敵はいつも突発的な事故などに巻き込まれますね~得意げ
(毎回同じことを思っていますが・・・)


因縁がある"サンドマン"、そして"サンドマン"以外にも現れる敵の存在によって、戦いの激しさが増していきますあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ブラックスパイダーマン登場!?──


本作では、真っ黒なスパイダーマンが登場しますえっ

偽物でも、気分転換でスーツの色を変えたワケでもありません!!

本物です!!

本物ですが、赤いスパイダーマンより、パワーアップしているようですえっ


これも、いろいろあって、ピーター・パーカーが手に入れた新たな"力"ですグー
(いろいろあって、の部分が大事なんですが・・・)


そして、その力の影響も・・・汗


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スパイダーマンのアクションでスカッとできる作品ですにひひ


映画「スパイダーマン3」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○憎しみの連鎖からの解放はてなマーク


本作では、ピーター・パーカーの心情がよく描かれていますグッド!


スパイダーマンとして活躍する一方で、ピーター・パーカーとしては、いろいろな思いが溜まっていきますグー


そんなときに出会ってしまった、憎むべき相手"サンドマン"と、ブラックスパイダーマンの"力"─


これらが、ピーター・パーカーの日常にも大きな影響を与えますあせる


そして、スパイダーマンのこれまでの戦いが生み出した憎しみも複雑に絡みあっていきますビックリマーク


そんな憎しみの連鎖から解放されるのは誰かはてなマーク


人間の心情にも迫った展開も楽しめますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スパイダーマンのアクションとピーター・パーカーの心情が楽しめますにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「スパイダーマン3」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!



スパイダーマン3 [ トビー・マグワイア ]

価格:1,000円
(2014/11/27 08:42時点)
感想(1件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-ray、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「アクション」 の記事