映画「グレムリン」観ましたェ(+o+)/

かわいいファンタジーが一転、ホラー的に・・・叫び




【観賞スタイル目
○TV(録画/日本語吹替版/本編106分)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○とにかくかわいい"ギズモ"


○"モグワイ"を飼うときの注意点


○ギズモたちの動きのすごさ


【オススメな人グッド!

○かわいい生き物が好きな人


○ちょっとだけしゃべる生き物が好きな人


○かわいさの裏にある闇に惹かれる人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/44107/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
謎のかわいい生き物"モグワイ"がかわいいファンタジーですニコニコ


この"モグワイ"を飼ったことから巻き起こる事件に、街中がパニックに陥りますえっ


とてもかわいい"モグワイ"ですが、それだけを楽しみにしていると、トラウマになりかねない展開が楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
とにかくかわいい"ギズモ"──


本作は、謎の生き物"モグワイ"を、とある発明家の一家がペットとして飼い始めるところから始まりますニコニコ


そして、その"モグワイ"を"ギズモ"と名付けますチョキ


このギズモが、とにかくかわいいですチョキ

◦小さくて怖がり
◦TVを観たり、歌を歌ったりできる
◦ちょっとだけ人間の言葉を話す

などなど。

表情もあって、いろいろなこともできる、動きだけでもずーっと楽しく観られますにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"モグワイ"を飼うときの注意点──


とてもかわいいギズモですが、飼うときの注意点が3つありますビックリマーク

1光を当てない(特に、太陽の光はダメ)
2水を与えない(飲ませてもかけてもダメ)
3真夜中に食べ物を絶対に与えない(どんなに欲しがってもダメ)
ダメよ~ダメダメ

この3点は、モグワイを飼う上での鉄則のようです!!


一見、簡単そうな注意点ですが、この注意点が街中をパニックにする大事件につながります叫び


やっぱり最初に注意されたことは守らないとダメですね~得意げ


かわいいだけじゃない、モグワイの生態も楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ギズモたちの動きのすごさ──


モグワイの動きは、本当にすごいですグッド!

本作は、1984年に公開された作品ですので、CGではありません(と思います)が、多彩な動きを魅せてくれますニコニコ

かわいいものから、人間を超えるような動きまで、本当に多彩ですパンチ!!!

2014年の現在で考えると、CGの方が簡単に作れるんじゃないかはてなマークって思うくらい、動き回りますDASH!


(このブログを、CG作成しながら読まれている方がいらっしゃったら<(_ _)>)


このギズモたちの動きを観るだけでも、本当に楽しい作品です音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
癒しを求めて観ると衝撃を受けるかもしれませんが、そこも楽しい作品です!!


映画「グレムリン」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"グレムリン"との激しい(はてなマーク)戦い


ここまで、触れてきませんでしたが、本作のタイトルは「グレムリン」です!!


本作では、グレムリンは至るところに潜んで悪さをする悪魔という位置付けですドクロ


グレムリンは、モグワイに真夜中(0時以降)に食べ物を与えることで変化しますえっ


そして、水を浴びることで、どんどん増殖しますえっえっえっ


 

このグレムリンと人間との戦いが、本作のメインですビックリマーク


ギズモに水をかけたことで生まれた4匹のモグワイが、グレムリンと化したことから始まりますあせる


ちょこちょこ残酷なシーンもありますので、知らずに観るとトラウマになるかもしれませんショック!


この戦いですが、最初のグレムリン4匹のうち3匹を、ギズモを飼っていた一家の母親が倒してしまうんですね~得意げ


母は強し、ですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
心癒されるファンタジーとトラウマになるホラーが楽しめる作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「グレムリン」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


グレムリン【Blu-ray】 [ フィービー・ケイツ ]

価格:1,500円
(2014/12/2 08:32時点)
感想(6件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-ray、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ファンタジー」 の記事