映画「オペラ座の怪人」観ましたェ(+o+)/

歌と音楽で世界に惹き込まれますにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/字幕版/本編142分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○珠玉のミュージカルの映画化


○一度はどこかで聞いたことがあるテーマ


○会話のように歌うミュージカル


【オススメな人グッド!

○「オペラ座の怪人」って聞いたことがある人


○ずっしりしたミュージカルが好きな人


○いつも心に仮面をつけてる気がする人(?)


【紹介サイト音譜

http://opera.gaga.ne.jp/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
あのミュージカルとして有名な「オペラ座の怪人」の映画化作品です映画


劇場"オペラ座"に潜む謎の人物と、オペラ座で働く1人の女性との交流から始まる物語です音譜


一度はどこかで聞いたことがある(かもしれない)あの音楽と歌で綴られるミュージカルです!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
珠玉のミュージカルの映画化──


本作は、あの「オペラ座の怪人」を映画化した作品です!!


ガストン・ルルー氏の小説が原作で、ミュージカルとして世界中の舞台で公演されている作品です音譜


詳しい内容までは知らなくても、"オペラ座の怪人"という名前を1度は聞いたことがあるのではないでしょうかニコニコ

本作は、その「オペラ座の怪人」をミュージカルのまま、映画化しています映画


「オペラ座の怪人」やミュージカルに興味があるけど観たことがない方にもオススメですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
一度はどこかで聞いたことがあるテーマ──


「オペラ座の怪人」には、テーマ(曲はてなマーク)があります音譜

このテーマは、いろいろなところで流れていますので、聞けば、あ~知ってる~ニコニコってなるかもしれませんチョキ

フィギュアスケートでもよく使われているようですし、TV番組などでも流れていたりします音譜

本作でも何度も聞くことができますグッド!


特に、オープニングの巨大なシャンデリアとともに流れるシーンは、圧巻です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
会話のように歌うミュージカル──


本作は、ミュージカルです音譜
(何度もすみませんあせる)

ミュージカルというと、急に歌い出して何か苦手あせるという方もいらっしゃるかもしれませんかお

本作は、そんな方にもオススメというわけでもありませんが、歌と音楽に惹き込まれますニコニコ


歌や音楽の良し悪しを伝えられるほど詳しいわけではありませんが、聞き入ってしまいます音譜


特に、2~3人が会話するように歌うシーンなどは、・・・すごいです!!


歌を使っても使わなくても、うまくお伝えできませんでしたが、すごいです!!!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
珠玉のミュージカルをしっかりと楽しめます音譜


映画「オペラ座の怪人」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○闇に潜む怪人


本作の舞台は、"オペラ座"という劇場です演劇


そしてそこには、"ファントム"という謎の人物がいますナゾの人


このファントムは、姿を一切見せないことから、"ゴースト"とも呼ばれ、怖れられています叫び


そんなファントムの悲しく辛い過去と、ファントムが唯一(はてなマーク)歌声に惹かれた女性と劇場関係者たちとの関係が描かれていますキラキラ


闇の世界で生きることになったファントムの心情と、そんなファントムを尊敬しながらも外の世界で生きる女性がしっかりと描かれていますニコニコ


そんなファントムを演じるのが、ジェラルド・バトラーさんです!!


顔半分を仮面で覆っていたり、暗闇にいることが多いので、なかなかはっきりと見ることはできませんが、カッコいいですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
歌と音楽に合わせるかのような重厚感あるストーリーも楽しめる作品です音譜音譜


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「オペラ座の怪人」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!



オペラ座の怪人 [Blu-ray]

新品価格
¥2,141から
(2014/12/3 08:27時点)



お家でレンタルという方にオススメ!
動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事