映画「ザ・ハリケーン」観ましたェ(+o+)/

人種差別的な偏見が生み出した1人の男の半生ですビックリマーク




【観賞スタイル目
○TV(録画/日本語吹替版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○人種差別的な裁判で有罪となった男


○1冊の本から生まれる少年との交流


○何度も訴え続けた無実


【オススメな人グッド!

○デンゼル・ワシントンさんが好きな人


○昔のアメリカの裁判に興味がある人


○有名人に手紙を書いたけど返事をもらえなかった人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/1829/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
人種差別的な裁判で有罪となった男の実話に基づいたお話ですビックリマーク


裁判で有罪となっても無実を訴え続ける男が書いた、1冊の自伝が繋ぐお話ですキラキラ


30年、無実を訴え続ける男の半生と、男の無実を信じる人たちとの交流が描かれています!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人種差別的な裁判で有罪となった男──


本作の主人公は、とある強盗殺人事件で有罪となった男です。


男の名前は、ルービン・"ハリケーン"・カーター

自ら"ハリケーン"と名乗り、30年もの間、服役しています。

何度も無実を訴えて再審を請求するも棄却され、ずっと服役しています。

絶望的な状況の中でも、身体を鍛え、本を読み、1冊の自伝を書き上げます本


このハリケーンを演じるのが、デンゼル・ワシントンさんですグッド!


ボクサーとしても活躍したハリケーンの半生が描かれていますグー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1冊の本から生まれる少年との交流──


ハリケーンが書いた自伝は、一般販売されますが、ハリケーンの状況を変えるまでには至りませんしょぼん

そのまま時が流れ、世間がハリケーンの存在を忘れた頃に1人の少年がその本に出会いますキラキラ

その少年の名前は、レズラ

ハリケーンの自伝に感銘を受けたレズラが、ハリケーンに手紙を書いたことから、2人の交流が始まりますニコニコ
(ここでハリケーンから返事をもらうための秘策が出てきますチョキ)


(秘策というほどのものでもありませんが・・・ニコニコ)


このレズラとの出会いが、ハリケーンの裁判のやり直しを訴える活動に繋がりますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
何度も訴え続けた無実──


ハリケーンは、ずっと無実を訴え続けています!!

人種差別的な偏見を含んだ捜査、裁判で有罪となった男に対して、たくさんの協力者も現れますチョキ

それでも、ハリケーンの再審請求は棄却され続けますえっ

そこには、人種差別とは別に潜む闇もあるようですえっ


これらの闇を打ち破るため、ハリケーンとレズラたちは立ち上がりますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
事件の真実とは別に潜む闇に振り回された男の実話を描いた作品です!!


映画「ザ・ハリケーン」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"ハリケーン"の異色の経歴


ハリケーンの経歴は、けっこう異色ですニコニコ


◦何度も少年院に入っている

◦少年院を脱走してアメリカ陸軍(はてなマーク)の兵士になる

◦服役中に身体を鍛えてボクサーになる


などなど。


さらに服役中に本を読んで教養も身につけ、自伝を書くに至ります本


これらの経歴や文章がレズラの心を掴んだのかもしれませんね~得意げ


偏見によって人生を狂わされたハリケーンですが、その中でも諦めない姿が描かれていますビックリマーク


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
異色の経歴を持つ男と、その男の自伝に心を動かされた少年が生んだ実話ですキラキラ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「ザ・ハリケーン」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


ザ・ハリケーン

価格:5,443円
(2014/12/10 08:46時点)
感想(0件)



お家でレンタルという方にオススメ!
動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事