映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」観ましたェ(+o+)/

過去でも現在でもドタバタして楽しめますにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/日本語吹替版/本編116分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○過去や未来へ行けるタイムマシン


○若かりし頃の両親との出会い


○現在から過去への伏線


【オススメな人グッド!

○過去へタイムトラベルしたい人


○自分が生まれる前の世界を見たい人


○過去にドタバタしちゃった人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/47965/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
タイムマシンを発明した博士と友人の青年のタイムトラベルの物語です時計


 

"1985年"の現在から"1955年"の過去へタイムトラベルしますDASH!

監督ロバート・ゼメキスさん、製作スティーブン・スピルバーグさんのSFですグッド!


30年前の世界で自分の両親と出会った青年の奮闘ぶりが楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
過去や未来へ行けるタイムマシン──


本作は、タイムマシンを使ってタイムトラベルする物語です時計


◦タイムマシンを発明した博士砂時計
エメット・ブラウン(通称"ドク"):クリストファー・ロイドさん

◦過去へタイムトラベルする青年車
マーティン・マクフライ:マイケル・J・フォックスさん

◦過去にも未来にも行けるタイムマシン時計
デロリアン:正式名称"DMC-12"


◦世界で初めて(はてなマーク)タイムトラベルした犬しっぽフリフリ
アインシュタイン:ドクの飼い犬


タイムマシンの実験をするドクを手伝うために来ていたマーティンが、いろいろあって30年前へタイムトラベルしちゃいますあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
若かりし頃の両親との出会い──


30年前にタイムトラベルしたマーティンは、自分の両親と出会いますえっ

何も分からないまま過去へ来たマーティンは、自分の正体を隠しつつも、両親に深く介入してしまいます汗

"1985年"の現在に影響を与えるほどに・・・


そしてマーティンは、現在へ帰る方法を見つけるために若かりし頃のドクにも会いに行きますニコニコ


30年という時間のギャップと、"1955年"の世界を楽しめます音譜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
現在から過去への伏線──


本作は、30年前の過去へ行ったことで巻き起こるトラブルが楽しめますが、現在から過去への小ネタのような伏線がたくさんあり、面白いですニコニコ

◦現在の街の市長

◦現在のジョーイおじさん

◦現在のビフとジョージ(マーティンの父)との関係

◦現在のロレイン(マーティンの母)の言動

などなど。

大きな伏線もありますが、小ネタのような伏線が満載ですグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
現在と過去のつながりが楽しめます!!


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○過去から現在への影響


本作では、マーティンが過去へ行ったことで現在が変わってしまいますあせる


◦両親の出会いに介入したことで存在が消滅しそうになるマーティン


◦ドクの命を救おうとするマーティン


などなど。


両親の関係についてはマーティンが大きな影響を与えてしまった感じはありますが、ドクに関しては必然だったように感じますビックリマーク


ちなみに、本作のラストでは次作のフリが入っていますチョキ


過去でのドタバタを解決して現在へ戻ったマーティンと、その後未来へ行ったドクが、次は未来でドタバタしますDASH!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1985年=現在ですが、いま観ても楽しい作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


バック・トゥ・ザ・フューチャー [ マイケル・J.フォックス ]

価格:1,000円
(2014/12/13 10:41時点)
感想(25件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-ray、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「SF」 の記事