映画「バンクーバーの朝日」観ましたェ(+o+)/

"頭脳野球"が国籍を超えて、多くの人たちに感動を与えますにひひ




【観賞スタイル目
○映画館(2D/本編133分)


【観賞した場所映画
○TOHOシネマズ 伊丹


【オススメな所カチンコ
○カナダに移住した人たちの苦しい生活


○カナダで生まれた日系二世の人たちの苦悩


○"頭脳野球"が多くの人たちに与える感動


【オススメな人グッド!

○生活の中に希望を見いだしたい人


○野球したい人


○大技より小技でコツコツ攻めたい人(?)


【公式サイト音譜

http://www.vancouver-asahi.jp/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
カナダで生まれた日系二世の人たちが野球で多くの人たちに感動を与えるお話ですキラキラ


1940年頃に、カナダに実在した野球チーム"バンクーバー朝日"の活躍を描いた実話です野球


カナダに移住した日本人たちの大変さ、その中で見つけた1つの希望が描かれています!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
カナダに移住した人たちの苦しい生活──


本作は、仕事を求めてカナダに移住した日本人の生活が描かれていますキラキラ


カナダで仕事をすれば、すぐに稼げると聞いて移住した日本人ですが、その生活は大変苦しかったようですあせる


◦労働時間が長くても、賃金はカナダの人の半分
◦文句を言わずに働いても、仕事を奪われたと思われる


などなど。


人種差別的な扱いも受け、思っていたような生活はできませんしょぼん


そんな中で生まれた、日系二世の人たちが野球で多くの人たちに感動を与えますキラキラ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
カナダで生まれた日系二世の人たちの苦悩──


本作は、日系二世の人たちが中心に描かれていますが、いろいろな苦悩も描かれています目


◦日本人という自覚
◦カナダの人たちとは違うという現実

同じカナダで生まれた人たちと仲良くしたいという想いがありますが、日本人であることを突きつけられる現実に揺れることもありますしょぼん

それでも、野球は自分たちの野球を貫きますグー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"頭脳野球"が多くの人たちに与える感動──


日本人だけが所属する野球チーム"バンクーバー朝日"は、連戦連敗で、万年最下位のようなチームですショック!

圧倒的なパワーの差で、全く勝てませんガーン

カナダで唯一の日本人チームということで、多くの日本人が応援していますが、誰も勝てるとは思っていませんしょぼん


そんな状況の中でも諦めない1人の選手が、1つの希望を見いだしますキラキラ


それが、"頭脳野球"ですパワーではかなわないと認識し、足で掻き回す作戦ですDASH!


バントや盗塁を駆使して点を取る作戦に、批判的だった人たちも、次第に応援するようになりますニコニコ


現在の野球の日本代表"侍ジャパン"が掲げる"スモールベースボール"の原点のような作戦かもしれませんね~得意げ

直向きに頑張るバンクーバー朝日の選手たちの姿は、カナダで生活する日本人の希望となっていきますチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
苦しい生活の中で生まれる1つの希望に感動ですキラキラ


映画「バンクーバーの朝日」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○戦争が引き裂くカナダとの交流


"頭脳野球"によって、順調に勝ち続けるバンクーバー朝日ですが、いつまでも続きませんえっ


戦争の勃発によって、日本とカナダが敵対したため、カナダで生活する日本人は、収容所に入れられてしまいますショック!


野球によって、カナダの人たちにも受け入れられ始めていた矢先の出来事です汗


そんな実在した"バンクーバー朝日"の活躍と、その活躍に希望を見いだした日本人たちの姿がきれいに描かれていますキラキラ


妻夫木聡さん、亀梨和也さん、勝地涼さん、上地雄輔さん、池松壮亮さん、佐藤浩市さん、高畑充希さん、石田えりさん、・・・


たくさんの方々が出演されていますグッド!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
野球にかける想いと、その想いが伝える希望を感じられる作品ですキラキラ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


お家でレンタルという方にオススメ!
動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事