映画「あしたのジョー」観ましたェ(+o+)/

ボクシングにかける男たちの"熱"が伝わってきますにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編131分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○あのボクシング漫画の実写化


○本気で身体を仕上げている2人のボクサー


○必殺の"クロスカウンター"!!


【オススメな人グッド!

○「あしたのジョー」を何となく知っている人


○ボクサーの筋肉が好きな人


○ストイックに自分を追い込みたい人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/55380/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
あの伝説のボクシング漫画「あしたのジョー」の実写化です映画


"矢吹丈"と"力石徹"との宿命の対決が描かれていますグー


2人の対決までの過程と、激しいボクシングの試合で、原作をあまり知らない方でも楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
あのボクシング漫画の実写化──


本作は、あのボクシング漫画の実写映画化作品です映画


原作:高森朝雄(=梶原一騎)さん、作画:ちばてつやによる「あしたのジョー」の実写映画化です!!


漫画だけでなく、TVアニメでも絶大な人気を誇った作品ですグッド!


◦矢吹丈:山下智久さん
◦力石徹:伊勢谷友介さん
◦丹下段平:香川照之さん
◦白木葉子:香里奈さん


みなさん、原作の登場人物の良さを活かして演じられていますグッド!
(あ、原作はそこまで詳しいワケではありませんので、雰囲気だけですが・・・ニコニコ)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本気で身体を仕上げている2人のボクサー──


本作は、"矢吹丈"と"力石徹"との宿命の対決までを描いたストーリーですキラキラ

この2人の身体の仕上がりっぷりが見事ですグッド!

矢吹丈と力石徹というよりは、山下智久さんと伊勢谷友介さんの身体の仕上がりっぷりなんですがニコニコ

プロのボクサーとしての身体、動きがすごいですチョキ


特に、力石徹の減量の過酷さもヒシヒシと伝わってきますにひひ


鍛え抜かれた身体で減量するには、あそこまでやらなければならないんですね~得意げ


過酷な減量を終えた力石徹の身体は、一見の価値アリです目

あと、丹下段平役の香川照之さんの仕上がりっぷりも見事ですニコニコ


あと、ヨダンですけど、香川照之さんは、ボクシングそのものにもめちゃくちゃ詳しいみたいですチョキ


実際の世界戦のゲスト解説も務められ、かなり詳しく解説されています得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
必殺の"クロスカウンター"!!──


本作は、ボクシングの試合も観所の1つですグッド!

当然といわれれば当然なんですが、かなり激しい試合が繰り広げられますグー

◦必殺の"クロスカウンター"

相手のパンチに合わせて、自らもパンチを繰り出す必殺の一撃ですグー


このクロスカウンターに加え、一切ガードをしない"ノーガード戦法"が矢吹丈の戦い方ですグー


この矢吹丈の試合を中心に、多くの試合が楽しめます音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
宿命の対決を迫力ある試合で楽しめますグー


映画「あしたのジョー」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○過酷な減量の代償


矢吹丈と力石徹の対決の結末は、原作と同じですビックリマーク


同じですので、その結末をご存知の方も多いかと思います目


あまりにも過酷すぎる減量が大きく影響していたんでしょう・・・しょぼん


やっぱり過剰なダイエットはダメですねショック!


ただ、そこまでして戦いという力石徹の想いの強さもしっかりと描かれていますグッド!


それと・・・


◦立てビックリマーク立つんだビックリマークジョー!!

◦力石が白湯を捨てる


などなど、原作の名シーンも楽しめます
音譜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
原作をあまり知らない方でも楽しめますにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


あしたのジョー スタンダード・エディション [ 山下智久 ]

価格:3,693円
(2015/1/10 10:24時点)
感想(10件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-rayも借りれます!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事