映画「主人公は僕だった」観ましたェ(+o+)/

突然、小説の主人公になった男のコメディですにひひ




【観賞スタイル目
○TV(録画/日本語吹替版/本編113分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○時間や数字にきっちりとした主人公


○小説のラストに悩む小説家


○悲劇かはてなマーク喜劇かはてなマーク


【オススメな人グッド!

○真面目な人物のコメディが好きな人


○小説の主人公になりたい人


○人生に流されている人(?)


【紹介サイト音譜

http://bd-dvd.sonypictures.jp/strangerthanfiction/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
とある男が小説の主人公になっていたコメディですにひひ


平凡な人生を送っていた男の人生が小説となり、同時に進行していきますえっ


原題は、「STRANGER THAN FICTION」─

事実は小説より奇なり、といったところでしょうかね~得意げ


小説の主人公になっていることに気づいた、現実の男のコメディが楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
時間や数字にきっちりとした主人公──


本作の主人公は、国税局に勤める男"ハロルド・クリック"です!!


ハロルドは、仕事柄もあってか、数字や計算にきっちりしています0


◦歯ブラシで歯をゴシゴシする回数
◦家からバス停までの歩数
◦昼休憩で食事をとる時間

などなど。

何もかもが、きっちりと決まっていて、きっちりとこなしていますビックリマーク


 

そんなハロルドを演じるのが、ウィル・フェレルさんですグッド!


突然、聞こえるようになった、自分の行動や心情を的確に表現する謎の声に振り回されますあせる


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
小説のラストに悩む小説家──


本作には、小説を書いているのは、"カレン・アイフル"ですビックリマーク


彼女は有名な小説家ですが、現在スランプ真っ只中ですショック!

主人公をことごとく死なせている小説家で、現在執筆中の小説でも、どのように主人公を死なせるか、で悩んでいます汗

その小説の主人公が、国税局に勤める、数字や計算にきっちりした男"ハロルド・クリック"ですえっ

そんなカレンを演じるのが、エマ・トンプソンさんですグッド!


"フィクション"小説を執筆しながら、"フィクション"の主人公の最期を考える小説家の苦悩が伝わってきます得意げ


ハロルドの行動とともに入る、カレンの文学的なナレーションが面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
悲劇かはてなマーク喜劇かはてなマーク──


「死を迎えることなど知る由もなかったのです」


頭の中で、自分にだけ声が聞こえるようになったハロルドは、その小説の主人公が死ぬことになることを知ります叫び

そして、慌てていろいろな人に相談しますDASH!


◦カウンセラー

◦精神科医

◦大学の文学科の教授

などなど。


その中で、教授がハロルドの話に興味を持ち、その小説が悲劇か喜劇かを見極めようとします目


【喜劇】

◦女性と最悪の出会いをする

◦その女性といい関係になる


【悲劇】

◦何もいいことが起こらない(はてなマーク)

◦主人公が死ぬ


ハロルドは、教授の力を借りて、自分の物語がどちらなのかを見極め、作者が誰なのかを割り出そうとしますあせる


ハロルドの人生が大きく変わる物語が楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
悲劇かはてなマーク喜劇かはてなマークで揺れるコメディが楽しめます!!


映画「主人公は僕だった」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○一人一人が人生の主人公


本作は、小説の主人公になった男の物語ですが、多くの人の人生が描かれています!!


◦ハロルドが査察に訪れたベーカリーの店主

◦カレンの小説の編集担当

◦自転車をもらった少年

◦職を探す中年女性


などなど。


ハロルドと直接関わりがある人もない人もみんな、自分の人生の主人公ですチョキ


・・・実はみんな、ハロルドの物語に関わりがあるんですが・・・


カレンが書く、小説の結末とともに、ハロルドの人生が楽しめますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
笑いと感動があるハロルドが主人公の物語ですキラキラ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「主人公は僕だった」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


主人公は僕だった コレクターズ・エディション [ ウィル・フェレル ]

価格:1,000円
(2015/3/4 09:58時点)
感想(0件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDや動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「コメディ」 の記事