映画「臨場 劇場版」観ましたェ(+o+)/

型破りな検視官が真っ直ぐに事件と向き合います目




【観賞スタイル目
○TV(録画/本編130分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○捜査方針にも口を出す型破りな検視官


○操作された(はてなマーク)死亡推定時刻


○亡くなった人の最期の声


【オススメな人グッド!

○TVドラマ版「臨場」を観ていた人


○横山秀夫さんの小説が好きな人


○組織の形にとらわれない人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/57650/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
亡くなった人の死因なとを調べる検視官の物語です!!


横山秀夫さんの小説「臨場」が原作です本


新たな事件とTVの連続ドラマから続くストーリー、登場人物たちの活躍が描かれていますテレビ


(映画館での上映当時、事件の描写が過激と話題になっていましたが、TVでは編集されていたかもしれません)


検視によって、亡くなった人の最期の声を拾う、型破りな検視官の姿が楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
捜査方針にも口を出す型破りな検視官──


本作の主人公"倉石"は、型破りな検視官です!!


◦現場を視るまでは刑事の話を聞かない

◦捜査の方針と自分の考えが違ったら口を出す

◦捜査会議中に野菜をかじる


などなど。


組織の形にとらわれず、いろいろな人から目を付けられていますむっ

それでも検視官としては信頼されていて、見立て(=検視)を間違えたことがありませんビックリマーク
(厳密には、1度だけ間違えたことがありますが、それは理由があってのことです)

そんな倉石を演じるのが、内野聖陽さんですグッド!


気難しそうな感じと、植物と金魚、そして人を思いやる気持ちに溢れた倉石の雰囲気が伝わってきますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
操作された(はてなマーク)死亡推定時刻──


「オレのとは違うなぁ~」

他の人の推理や見立てが違うときに発せられる倉石の口癖ですビックリマーク

倉石の部下たちは、この言葉にドキッとして、捜査一課の刑事たちはイラッとしますえっむっ

本作でも、この言葉が炸裂しますドンッ


2つの殺人事件の被害者の死亡推定時刻をめぐり、捜査一課の刑事と一悶着、二悶着、三悶着(はてなマーク)ありますあせる


操作された(はてなマーク)死亡推定時刻、2つの事件の被害者の共通点、過去に起こった凄惨な事件とのつながりなど、このあたりはミステリーの要素満載です!!


"分からんもんは分からん"とはっきり言う性格の倉石は、部下や一部の刑事から信頼されていますキラキラ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
亡くなった人の最期の声──


「亡くなった人の最期の声を根こそぎ拾う」

倉石の検視官としての信条ですキラキラ


"最期の声"といっても、遺言的なことではなく、被害者が遺したものや行動から、その想いを読み取ることです目


本作もこの信条に基づいて倉石は行動しますDASH!

例え、犯人が逮捕されても、亡くなった人の最期の声を拾いきれていなければ、行動を止めませんDASH!DASH!


そして、その最期の声を届けることが、被害者やその遺族にできる唯一のことだと思っていますパー


慰めや同情は一切なく、ただただ自分ができることをやる真っ直ぐな検視官です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
型破りな検視官の活躍が楽しめます!!


映画「臨場 劇場版」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○事件によって受けた心の傷


本作には、事件で受けた心の傷を抱えたままの人物がたくさん登場しますしょぼん


◦娘を亡くした両親

◦幼い子供を残して亡くなった女性の夫

◦倉石の恩師

◦息子を冤罪で失った警察官


などなど。


実は、倉石も過去に妻を失っていますが・・・


そんな人たちに対する想いもあって、倉石は"最期の声"を拾い続けますパー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"最期の声"に込められた想いを根こそぎ拾う検視官の物語です目


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


臨場 劇場版 [ 内野聖陽 ]

価格:3,693円
(2015/3/5 08:42時点)
感想(7件)


お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDも借りれます!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ミステリー」 の記事