映画「寄生獣」観ましたェ(+o+)/

寄生生物と寄生された人間の関係が面白いですにひひ

【観賞スタイル目
○TV(録画/特別版/本編109分?)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○新一とミギーのフシギな関係


○人間社会にとけ込む寄生生物


○人間と寄生生物との共存


【オススメな人グッド!

○染谷将太さんが好きな人


○原作「寄生獣」を読んでない人


○たまに右手が勝手にしゃべる気がする人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/79555/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
人間の身体に寄生する謎の生物と人間の戦いですグー


人間の身体に寄生し、人間をエサにする”寄生生物”が徐々に勢力を拡げていきます叫び

 

岩明均さんの同名の人気マンガを原作に、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」や「永遠の0」の山崎貴監督が実写化した作品です映画

 

人間と寄生生物との戦いを描いた2部作の前編です!!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
新一とミギーのフシギな関係──

 

本作は、人間に寄生する謎の寄生生物と寄生された人間の物語ですビックリマーク


寄生生物は、人間の脳に寄生し、人間の身体を乗っ取ってしまいますえっ

 

本作の主人公”泉新一”も寄生生物に寄生されてしまいますが、脳ではなく、右手に寄生されてしまいますパー

この新一と寄生生物”ミギー”との関係が面白いです得意げ

◦人間のことをインターネットや本から学ぶミギー
◦勝手に動き出す右手に戸惑う新一


そんな新一を演じるのが、染谷将太さんですグッド!

そして、ミギーの声を演じるのが、阿部サダヲさんですグッド!

 

お互いに意識がある2人(はてなマーク)が次第に仲良くなっていく、フシギな関係が楽しめますにひひ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人間社会にとけ込む寄生生物──

 

人間に寄生した寄生生物は、ミギーだけではありませんえっ

 

世界中(はてなマーク)の多くの人間に寄生しているようですあせる

人間に寄生し、人間の姿のままで過ごしています汗

 

そして、他の人間を食べてしまいます叫び

 

そんな怪奇事件が続きますが、その真相を知っている人間はほとんどいませんショック!


徐々に拡がっていく寄生生物の勢力が描かれています目

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人間と寄生生物との共存──

 

見境なく人間を食べる寄生生物ですが、人間との共存を試みる寄生生物もいますパー

◦人間の子供を妊娠した寄生生物
◦高校生として学生生活を送る寄生生物
◦警察官として過ごす寄生生物
◦政治家を目指して選挙活動を行う寄生生物

 

などなど。

 

実験のためだったり、寄生生物の繁栄のためだったり、目的や想いはいろいろですが、寄生生物のネットワークを形成して、着々と準備を進めていますビックリマーク

そんな寄生生物を演じるのが、深津絵里さん、東出昌大さん、北村一輝さん、浅野忠信さんなどですグッド!

人間と寄生生物の共存かはてなマーク

人間の存亡の危機かはてなマーク

 

寄生生物が考える人間との関係が楽しめます ビックリマーク

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人間と寄生生物の戦いの前半戦が楽しめます!!

映画「寄生獣」

ゼヒ観てみてくださいにひひ

※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※


ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○人間と寄生生物の融合はてなマーク


新一とミギーの関係は、どんどん違う方向に進んでいきますパー


もともと意識を共有できないはずの人間と寄生生物ですが、新一とミギーは意識を共有している上に、身体的には寄生生物の力を持つようになっていきますグー


その一方で、新一は人間的な感情を失っていきますあせる


新一とミギーのつながりが深くなっていくごとに、人間から離れていくような感覚に襲われます汗


人間と寄生生物の共存は可能かはてなマーク


そんな展開も楽しめます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人間と寄生生物の戦いと共存への道が楽しめますパー


ゼヒ観てみてください!!

本作の完結編(続編)についてもブログに書いています
よろしければこちらもどうぞ~
映画「寄生獣 完結編」観ましたェ(+o+)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


寄生獣 – 山崎貴

iTunesでいますぐ観たい方はこちらをどうぞ!

 

 

amazon.co.jp

寄生獣 DVD 通常版

新品価格
¥3,036から
(2015/5/10 19:30時点)

寄生獣 Blu-ray 通常版

新品価格
¥3,756から
(2015/5/10 19:12時点)


お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVDやBlu-rayも借りれます!




最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「SF」 の記事