映画「47RONIN」観ましたェ(+o+)/

美しい映像とファンタジー要素を取り入れた、観やすい時代劇でしたニコニコ



※写真は2014年の大阪城です。本作とは特に関係ありません。


【観賞スタイル目
・Blu-ray(レンタル・字幕版)
【観賞した場所映画
・自宅
【オススメな所カチンコ
・ファンタジー要素も取り入れた殺陣アクション


・日本を舞台にした煌-キラ-びやかな世界


・日本の俳優さんたちの意見も取り入れたハリウッド映画

【オススメな人グッド!

・忠臣蔵をよく知らないけど興味がある人


・真田広之さんが好きな人


・時代劇が苦手な人(?)


【紹介サイト音譜

  http://47ronin.jp/
   アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
忠臣蔵の話を基にした、
ハリウッド版時代劇です!!


忠臣蔵の世界に、ファンタジーやオリジナルの設定を追加した観やすい作品ですチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
まず、この作品は、
普段、時代劇を観ないという方にオススメしたいですグッド!


時代劇というと、


・話が堅い
・会話が難しい
・歴史がよく分からない


などのイメージがあって、観ないという方もいらっしゃると思います。


本作は、そういう方も楽しめるように作られた作品です(と思います)ニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本を舞台にした煌-キラ-びやかな世界――


美しい自然、絢爛豪華な建物、登場人物たちの服装、などなど
右矢印映像だけでも楽しめます。


時代劇に取り入れられたファンタジー――


妖術使い(菊池凛子さん)や異形の獣が登場
右矢印アクセントが利いていて、淡々と流れないように感じます。


難しすぎないセリフの言い回し――


時代劇特有の言葉遣いや言い回しがあまりない
右矢印現代の言葉に近い感じでしゃべっています。
字幕版で観たからかもしれませんが・・・


このような要素が、
忠臣蔵を基にしたストーリーに入っているので、時代劇の雰囲気も味わえますニコニコ
(事件発生の原因など、細かな部分での違いはあります)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
また、主演は、キアヌ・リーブスさんですが、
大石内蔵助役の真田広之さんがかなり目立っているので、日本の映画を観ているようにも感じられます富士山


キアヌ・リーブスさん以外、全員日本人の俳優なのですが、
全編セリフが英語なのはあまり気にしない方が良いかもしれません。


時代劇の独特さが苦手、
という人が取っ掛かりのような感じで観てみるのもアリかもしれません。


ゼヒ観てみてくださいにひひ





※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※








ここからは、日本の時代劇とは少し違うと感じるところを少し挙げていきます。


ここで挙げている点は、
普段、時代劇を観られる方が物足りないと感じるところというよりは、本作を観て、時代劇に興味を持った方が次にどのように時代劇を観たら良いか、参考になればと思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1.武士の主従関係


・主君と部下の絶対的な信頼関係に着目する
右矢印この信頼関係の有無を感じ取ることで、"主君の命令"や"部下の反発"といった行動の意図が分かりやすくなります。


2.武士の生き様


・武士の"誇り"を理解する
右矢印古臭いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、"誇り"を持っているからこそ選んでしまう行動なんかがあります。


3."切腹"の重さ


・死刑との違いを知る
右矢印武士として死ねることの意味、切腹"する"のか"させられる"のかには大きな違いがあります。


4.独特の"間"


・会話の中にいろいろな意味を含んだ"間"がある
右矢印全てを言葉にしないことで生まれる"間"から、言葉の真意や人物の感情を読み取る楽しさがあります。


このようなところを意識して観られるようになれば、
"堅苦しさ""分かりにくさ"といった点もクリアできてくるのではないでしょうか!?


その取っ掛かりとしてでも
十分楽しめる作品だと思いますにひひ


ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




47RONIN【Blu-ray】 [ キアヌ・リーブス ]

価格:3,187円
(2014/5/20 09:13時点)
感想(3件)




CD延滞料を気にせず

レンタルしたい方はこちら!



登録してみましたェ(+o+)/

おかげさまでイイ感じです<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ














コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「アクション」 の記事