映画「ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦」観ましたェ(+o+)/

サモアの気質、文化とともに
成長する選手たちの姿が良かったですにひひ





【観賞スタイル目
・映画館(字幕版)


【観賞した場所映画
・シネ・リーブル 梅田

【オススメな所カチンコ
・公式戦全敗でも諦めない姿勢


・サモアの気質や文化


・緊張感漂うW杯予選


【オススメな人グッド!

・ちょっと諦めかけてることがある人


・サッカーを観戦してる人


・W杯出場を諦めてない人(?)



【オフィシャルサイト音譜

 http://nextgoal.asmik-ace.co.jp/
 アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
アメリカ領サモアのサッカー代表チームに密着したドキュメンタリーですサッカー


2014年ブラジルW杯予選の数ヶ月前から1次予選まで密着しており、選手や監督を始めとしたチーム関係者のサッカーと"サモア"に対する想いがとてもよく分かる作品ですニコニコ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2001年公式戦"0-31"の歴史的大敗――


全てはここから始まります。


この試合は、アメリカのTVでも取り上げられ、新聞には茶化されるような記事を書かれ、


さらには、


・公式戦30戦全敗
・FIFAランク最下位
・選手全員アマチュア


間違いなく"世界最弱"、波乱も起こりようがないようなチームですが、選手やチーム関係者は、誰一人として、"公式戦初勝利""W杯出場"を諦めませんチョキ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この作品はただ単純に、
選手や監督、コーチなどにインタビューしながら、練習や試合を撮影しているのではありません映画


"サモアの文化や風習"を通して、サッカー代表チームを観ているので、選手たちの想いがとてもよく分かりますグッド!

さらに、"サモアの文化や風習"についても理解できます。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本作は、ドキュメンタリーですが、撮影された映像を淡々と流していないので観やすいです目


・アメリカのサッカー協会から紹介された(チームが協会に依頼)一人の監督によって、チームが劇的なほど変化する


・試合の映像では、シュートシーンなどを一旦静止したり、スローにしたりして、映画的な演出を加えている


どこかに原作がありそうな展開と、観客を惹きつけるような演出なので、退屈することはないと思いますニコニコ


試合の前後にチームを鼓舞する為に行われるサモアのダンス(?)も良かったですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
たくさんの共感感動が味わえて、楽しく観られるドキュメンタリーだと思いますチョキ


サッカーに少しでも興味がある人は、
ゼヒ観てみてくださいにひひ

(2週間限定上映(2014/05/30(金)まで?)らしいので、映画館で観たい人はお急ぎくださいね~あせる)





※映画館に飾ってあったボールです。

元セレッソ大阪の森島寛晃さんのサインだったかな~はてなマークあせる





※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※









ここからは、本作を観る上で押さえておきたい人物を紹介していきますメモ


1.ニッキー

・"0-31"の試合のゴールキーパー。そのときのトラウマを抱えながらも現役を続けている。
右矢印冒頭、1試合31失点の全てのゴールシーンが流れた後、ニッキーのインタビューが始まるので、かなり感情移入できます。


2.ジャイヤ

・サモアの文化である、男でも女でもない"第3の性"を持っています。
右矢印周囲もジャイヤのことを認めていて、本作ではサモアの文化の象徴の1つとして取り上げられているように思いました。


3.トーマス・ロンゲン

・アメリカサッカー協会の呼びかけに応じたオランダ人監督。
右矢印サモアの文化に反発しながらも理解を深め、チームを成長させていきます。

監督自身もサッカーをしていた娘を交通事故で亡くしているという過去があり、サッカーを通してやりたいことがたくさんあるようです。



他にもいろいろな選手やチーム関係者がいて、楽しそうなチームでした!!

ゼヒ観てみてください!!


(2週間限定上映(2014/05/30(金)まで?)らしいので、映画館で観たい人はお急ぎくださいね~あせる)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



お家でレンタルという方にオススメ!パソコン
本作の動画配信もあります!





最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドキュメンタリー」 の記事