映画「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-」観ましたェ(+o+)/

襲う側が襲われる側に叫び

人間だけのホラーが新鮮で良かったドクロ





【観賞スタイル目
・Blu-ray(レンタル・劇場版・字幕)


【観賞した場所映画
・自宅

【オススメな所カチンコ
・ツッコミどころ満載(?)の襲撃シーン


・前半と後半の切り替わりっぷり


・現実でも起こり得そうな事件



【オススメな人グッド!

・これまでのホラーの概念を崩したい人


・お化け的な存在だけダメな人


・ホラーにツッコミを入れたい人(?)



【紹介サイト音譜

  http://eiga.com/movie/54504/
   アップあらすじなどはこちらから


【参考サイト学校

  http://kowai-eiga.com/


今回は、「怖い映画.com」管理人のENSTA(えんすた)さんのレビューを参考に作品を選ばせて頂きました!!(あ、ちゃんと実際に作品を観てから書いてます目あせる)


ENSTAさんは、ホラー作品のレビューを中心に、用語の解説やホラーの楽しみ方、その他いろいろ書かれているので、いつも参考にさせて頂いてますニコニコ


読みやすくて、分かりやすいので、興味ある方はゼヒ行ってみてください!!


=================

本作は、ホラー作品です叫び


残虐シーンもたくさんありますので、全ての方にオススメできる作品ではありませんNG


ありませんが、ホラー映画特有(?)のツッコミどころはたくさんありますので、そこは楽しめますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ホラー作品といっても、
幽霊や怪物、怪奇現象といった恐怖ではなく、現実に起こり得るような残虐な事件を発端とした恐怖が描かれています叫び


この事件が現実に起こったとしたら、大きなニュースになると思いますあせる


ただ、この恐怖の発端は、ストーリー上のきっかけという位置づけかと思いますので、ここでは特に内容には触れません。
(不快に思われたり、目を背けたくなる方もいらっしゃるとは思います)


触れませんが、この"きっかけ"があることで、後半の展開へのつながりに不自然さがなく、観ている側が納得できるような感じになります。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本作の特異さとして感じたのは、
観ていて、単純な恐怖を感じるだけではありませんえっ


襲う側が襲われる側になる――

前半で残虐さを見せつけた者たちが、後半では襲われる・・・
この入れ替わりっぷりが見事で、若干の応援を含んで観てしまいますグー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして、この戦い(?)は、人間同士で行われているので、"心臓に悪い"シーンはあまりありません。
(突然、あり得ないところから現れたりしないからです)
そのあたりは安心して観られます目


さらに、後半の襲撃シーンにはツッコミどころが満載なので恐怖もちょっと飛んじゃいます べーっだ!


・そこでその行動はダメだ~ビックリマーク
・早く動いて~あせる


みたいなことがたくさんありますニコニコ


一味違うホラー作品だと思いますので、"血"や残虐シーンが苦手でない方は

ゼヒ観てみてくださいにひひ






※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、ざっくりと良かったところを書いていきますメモ


1.襲う側が襲われる側に替わる!?


・湖近くの別荘に遊びにきた家族がメインです家

【前半】
・襲われる側:一人娘
・襲う側  :友達の男の子の家族(犯罪者)
【後半】
・襲われる側:友達の男の子の家族(犯罪者)
・襲う側  :一人娘の両親

右矢印両親が一人娘の復讐をする展開になり、これが自然な流れに感じて新鮮でしたグッド!


2.両親の復讐にツッコミどころ満載!?


・目の前に包丁があったのに、ワインのボトルで殴りつけるワイン


・包丁を持って寝室に入ったのに、寝ている男たちに気付かれないように銃を取ろうとするえっ


右矢印両親は犯罪とは無関係の生活をしてきた人だと思いますので、こういう状況では冷静に判断できないってことでしょうかね~あせる


このようなところが、ホラー特有の恐怖緊張感に、として別の何かを引き出していて面白かったですチョキ


ホラーに興味があるようでしたら、

ゼヒ観てみてください!!



【御礼】

最後になりましたが、

今回、作品選びの参考にさせて頂きました、「怖い映画.com」管理人のENSTA(えんすた)さんには厚く御礼申し上げます<(_ _)>

また、Twitterでもいつもありがとうございますにひひ

これからもよろしくお願い致します!!


ENSTAさんの「怖い映画.com」はこちら右矢印http://kowai-eiga.com/

ENSTAさんのTwitterはこちら右矢印@kowai_eiga


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学ー [ トニー・ゴールドウィン ]

価格:1,080円
(2014/5/29 08:20時点)


返却日を気にせずレンタルしたい方はこちら!

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/~



コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ホラー」 の記事