映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」観ましたェ(+o+)/

増える登場人物、天才同士の直接対決、原作とは異なるラスト
加速する展開に目が離せなくなりますにひひ

※写真は個人的な"デスノート"グッズですカメラ小説、漫画、DVDなどです。

【観賞スタイル目
○DVD(購入)


【観賞した場所映画
○自宅

【オススメな所カチンコ
○天才同士の直接対決&共闘


○"デスノート"のルールを巧みに使ったトラップ


○原作とは異なるラスト


【オススメな人グッド!

○前編を観た人


○原作を読んだことがない人


○死神が好きな人(?)


【オフィシャルサイト音譜

http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
2人の天才による、1冊の"殺人ノート"を巡る緊張感あふれる頭脳戦の後編ですチョキ

本作で完結します!!


完全に前編の続きですので、前編を観られてない方は、まず前編を観てみてください音譜
右矢印前編についても書いてますので、よろしければ読んでみてくださいニコニコ
映画「DEATH NOTE デスノート」(前編)観ましたェ(+o+)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2人の天才の直接対決――


・夜神 月(やがみ らいと)/KIRA(キラ)
・L(える)/竜崎(りゅうざき)


互いの目的から直接対決を選択した2人の天才により、ストーリーが加速度的に展開していきますDASH!


直接対決といっても、"月"の立場上、"KIRA"を追うことになりますので、"L"の味方に・・・!?
という感じも面白いですにひひ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

どんどん増える登場人(?)物――


この後編から主要な登場人(?)物も加速度的に増えていきますDASH!


"月"と"L"の直接対決によって世界観が狭くなることはなく、さらなる広がりを見せますチョキ


"L"だけでなく、"月"も予期せぬ展開に様々なことが頭の中を駆け巡らせることになりますえっ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

"デスノート"のルールを巧みに使ったトラップ――

"デスノート"のルールを熟知している"月"は、そのルールを使って"L"との対決に勝負をかけますグー


当然"L"も何もしない訳ではないので、2人の仕掛け合い、読み合いが緊張感を生んで面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最後の書かれる名前は誰かはてなマーク

サブタイトル「the Last name」通り、誰が誰の名前を最後に書くのか!?

原作とは異なるラストですので、原作を読まれた方でも楽しめると思います!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"月"と"L"のヘンな関係


天才特有(?)の共通認識みたいなものがあるのか、2人の会話などから感じ取れるヘンな友情(?)なども面白いですチョキ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

○どんどん増える登場人(?)物


本作で加速度的に広がる世界観を支える登場人物を何人か紹介させて頂きますパー
(あ、ヒトじゃない方もおられますあせる)


・弥 海砂(あまね みさ):戸田恵梨香さん
右矢印第2の"KIRA"として、"月"と"L"を混乱させますが、緊張感の中で"和み"ますお茶


・レム(れむ):声・池畑慎之介さん
右矢印第2、第3の"KIRA"に取り憑く死神。"リューク"とはまた違った雰囲気で、より"死神"らしいですドクロ


・夜神 粧裕(やがみ さゆ):満島ひかりさん
右矢印"月"の妹、家族の心配をしたり、"KIRA"の行動に感情をぶつけたりで、心にグッときましたグッド!
(あ、これ個人的な感想でしたあせる)


前編から登場していた人も入ってますが、後編での活躍っぷりは見事です!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

○原作とは異なる"衝撃"のラスト


原作とは異なるラストということは、映画館での上映当時から言われてたと思います。

個人的には、原作を読まずに本編を観たので、素直に楽しめましたニコニコ


ちなみに後から原作を読みましたが・・・面白いですにひひ

死神の世界とか、"L"以外の探偵(?)とか、"デスノート"争奪戦とか・・・

右矢印正直、原作の方が深いんですけど、実写映画化という観点であればベストじゃないかと思います!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

○ハマり役が多い

藤原竜也さんはこの"月"の役の後から、凶悪犯クズの役激増したんじゃないでしょうか!?


松山ケンイチさんは、"L"の仕草や雰囲気がほぼほぼ原作通りな感じで、この後もキャラものの役が続きましたね~得意げ


戸田恵梨香さんは、こちらもけっこう強烈なキャラクターでした。原作とは少し雰囲気は違いますが良かったですチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"月"と"L"、互いに真っ直ぐな正義を持っていながら、1冊のノートによって方向が違ってしまった2人の想いが強く描かれている作品ですにひひ



ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

DEATH NOTE デスノート the Last name [Blu-ray]

新品価格
¥4,769から
(2014/6/8 11:25時点)

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]

新品価格
¥880から
(2014/6/8 11:24時点)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事