映画「レオン」観ましたェ(+o+)/

物静かな殺し屋の雰囲気がそのまま全体の雰囲気となっていて良かったですにひひ



【観賞スタイル目
○TV(録画・字幕版)


【観賞した場所映画
○自宅

【オススメな所カチンコ
○"レオン"の物静かな雰囲気


○"マチルダ"の大人っぽさと子供っぽさ


○"レオン"と"マチルダ"の不思議な関係


【オススメな人グッド!

○殺伐とした空気が苦手な人


○静かな雰囲気が好きな人


○観葉植物を大切に育てている人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/32161/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
物静かで孤独な"殺し屋"と一人の少女との交流を描いた作品ですキラキラ


殺し屋と少女の出会いによって、互いに"生きる意味"を持つという感動作ですキラキラ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
物静かな殺し屋"レオン"――


言葉も少なく、物静かな殺し屋で、仕事以外では孤独です。


観葉植物だけがトモダチで、とても大切に育てていますクローバー


殺し屋としてはとても優秀な感じですが、普段はそれを感じさせない雰囲気がとても良いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

殺し屋と少女の交流――少女"マチルダ"――


現在の生活にも将来にも、何の希望も持てずに生活しています。

家族にも心を開けずにいますが、ある事件に巻き込まれて、それまでの生活が一変しますしょぼん


12歳の少女ですが、大人のような雰囲気を出しながら、時折見せる子供っぽさがとても良いです音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

事件がきっかけで始まる、二人の不思議な共同生活。

これにより、それぞれの毎日が急変しますが、これで"生きる意味"を見出だしますひらめき電球


この二人の心の動きが大げさすぎずに描かれていますので、とても良いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本作が映画館で上映されたのは、1995年ですチョキ

○レオン:ジャン・レノさん


○マチルダ:ナタリー・ポートマンさん


○ノーマン:ゲイリー・オールドマンさん


出演されているみなさん、若いですね~得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

公開から20年近くが経過した現在でも、十分面白い作品です!!


映画「レオン」

ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○登場人物たちの雰囲気の良さ


・レオン
毎日飲むミルク、観葉植物の世話、少し世間からズレている感覚
右矢印物静かな性格にこれらの行動が加わって、殺し屋とは思えないような穏やかな雰囲気が出ていますニコニコ


・マチルダ
レオンや大人を手玉に取るような言動、家族(弟)を愛する想い、子供っぽさを見せるレオンとのゲーム
右矢印子供と大人の間を行ったり来たりしている雰囲気がとても良かったですニコニコ


・ノーマン
誰でも容赦なく殺す冷徹非道な性格、麻薬(?)の摂取の仕方
右矢印麻薬取締捜査官ながら悪い雰囲気を醸し出しています叫び


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

○現在も活躍している俳優さんたち


ゲイリー・オールドマンさん
「ロボコップ」(2014年公開)、「ダークナイト ライジング」などなど


ナタリー・ポートマンさん
「STAR WARS エピソードI」、「ブラック・スワン」などなど


ジャン・レノさん
「バレッツ」、「バーニング・クロス」、ドラえもん役(TOYOTAのコマーシャル)などなど



※TOYOTAのコマーシャルのジャン・レノさんです。初めて観たときは衝撃的でした。面白いですけどニコニコ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
激しい銃撃シーンなどもありますが、殺し屋と少女の交流を中心とした、全体的に穏やかな雰囲気の作品ですキラキラ


"ドラえもん"のジャン・レノさん以外観たことないっていう方にもオススメですにひひ

ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

右上矢印映画「レオン 完全版」(字幕版)

いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


レオン 完全版 [ ジャン・レノ ]

価格:1,207円
(2014/6/10 10:41時点)
感想(2件)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/




コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事