映画「アンストッパブル」観ましたェ(+o+)/

止まらない列車の怖さ、止めようとする人を想う人たちの緊張感が伝わってきますにひひ



【観賞スタイル目
○TV(録画・日本語吹替版)


【観賞した場所映画
○自宅

【オススメな所カチンコ
○暴走する列車の迫力と怖さ


○暴走を止めようとする人とそれを見守る人たちの緊張感


○緊張感の中にある楽しい(?)会話


【オススメな人グッド!

○緊張感がある映画が好きな人


○デンゼル・ワシントンさん、クリス・パインさんが好きな人


○列車の運転士か車掌になりたい人(?)


【紹介サイト音譜

http://movies2.foxjapan.com/unstoppable/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

無人で暴走する列車を止める為に奔走する男たちのお話です!!


止まらない列車の怖さ止めようとする男たちの想いそれを見守る人たちの想いが伝わってくる作品ですニコニコ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
止まらない列車の怖さ――


時速100kmで走る全長800mの列車が暴走することの怖さがよく分かりますビックリマーク


線路の上を走っているだけなのに、とても迫力がありますビックリマーク


徐々に"ヤバく"なっていく感じに緊張感が増していきますあせる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ベテランと新人のコンビ――


・フランク(ベテラン運転士):デンゼル・ワシントンさん


・ウィル(新人車掌):クリス・パインさん


経験豊富なベテランのフランクと、新人ながら車掌という指示する立場にあるウィル。

初めて一緒に仕事をする2人が反発し合ったり協力したり、立場が入れ替わる感じが面白いですグッド!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
見守るしかない人たちの想いと緊張感――


暴走する列車の状況は、ニュースとして生中継されますテレビ


珍しくない手法ではありますが、
これを観ることしかできない人たちの緊張感が伝わってきます汗


特に、"フランク"と"ウィル"の家族の想いがよく伝わってきますキラキラ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
常に列車脱線の怖さがつきまとうので、楽しいだけの作品ではありません。


フランクとウィルの心地よい軽さがある会話や、その2人を見守る家族の想いなど、楽しめる要素はたくさんある作品です!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ< /font>



○緊張感の中にある楽しい(はてなマーク)会話


暴走する列車を追いかけるフランクとウィルですが、その2人の会話で少し和みますニコニコ


ほぼ初対面の2人は、暴走列車を追いかける緊張感の中で、自身の身の上話を始めます音譜

これで2人が徐々に打ち解けていく感じが良かったですグッド!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○トニー・スコット監督作品


本作の監督は、トニー・スコットさんです。


デンゼル・ワシントンさんとのタッグも多いですね~得意げ


「クリムゾン・タイド」
「デジャヴ」
「マイ・ボディガード」


などなど


みなさんもどれか知っている作品があるのではないでしょうかはてなマーク

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○列車の暴走の原因は、単純ミスはてなマーク


列車暴走のきっかけは、作業の遅延に焦った単純なミスです。
日常的な作業への慣れが招いた大事故という感じです。


・ハインリッヒの法則
1件の重大な事故、災害が起こるまでには、29件の軽微な事故、災害があり、さらに300件のヒヤリ・ハットがあるえっ


・ヒヤリ・ハット
結果的には、事故、災害とはならなかったが、一歩間違えれば事故、災害となっていたかもしれない事象のこと叫び


みなさんも気をつけましょう!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
話がちょっとダッセンしかかりましたが、暴走する無人列車が脱線するかしないかの緊張感ある作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「アンストッパブル」(字幕版)

右上矢印すぐに観たい方はこちらからどうぞ!


アンストッパブル [ デンゼル・ワシントン ]

価格:1,080円
(2014/6/17 10:23時点)
感想(4件)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事