映画「超能力者」観ましたェ(+o+)/

"操れる男"と"操れない男"の対決――
どちらが正しいか、観る側に委ねられているようで面白いですにひひ



※"操れない男"(左)と"操れる男"(右)です。

【観賞スタイル目
○DVD(レンタル・字幕版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○"操れる男"と"操れない男"の対決


○"操れない男"の追いかけっぷり


○"操れない男"の友人たち


【オススメな人グッド!

○韓国映画のサスペンスが好きな人


○映画「MONSTERZ モンスターズ」を観てない人


○外国の友達がほしい人(?)


【紹介サイト音譜

http://eiga.com/movie/56825/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、

誰でも"操れる男"と絶対に"操れない男"が出会ったことで始まる対決を描いた作品です!!


本作を基に、日本でリメイクされています。
映画「MONSTERZ モンスターズ」(2014年5月公開)


今回は、本作の楽しみ方を書いてますので、日本リメイク版との比較はしておりません<(_ _)>

映画「MONSTERZ モンスターズ」についてもブログに書いていますので、日本リメイク版が気になる方はこちらへどうぞパー
右矢印映画「MONSTERZ モンスターズ」観ましたェ(+o+)/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"操れる男"と"操れない男"の対決――


誰でも"操れる男"と絶対に"操れない男"が出会ってしまったことで戦うことになった2人グー


他人を操り、様々な方法で操れない男を追いつめる"操れる男"と、絶対に諦めない"操れない男"との対決に緊張感があって面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"操れない男"の追いかけっぷり――

偶然出会ってしまった2人の対決ですが、"操れない男"の追いかけっぷりがすごいですDASH!


"操れない男"の正義感(たぶん)からくる行動からかもしれませんが、やり過ぎなくらいですあせる


この"操れない男"の行動によって、対決の激しさが増していく感じですかね~得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

"操れない男"の友人――

"操れない男"には、外国の出身(と思われる)の友人が2人いますチョキ
※この2人の境遇はほぼ描かれていませんので、はっきりとは分かりませんでした。


・ボバ:ガーナ出身
・アル:トルコ出身


この2人のノリの良さも面白いです音譜


ただ、どのように知り合ったかはてなマークなどは描かれていません。
気になるところではありますが、"操れない男"との仲の良さは分かりますニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"操れる男"と"操れない男"との緊迫した対決と、"操れない男"の友人たちとの仲の良さが楽しめます!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ








※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"操れる男"と"操れない男"の温度差


偶然出会った2人の男、この2人のその後の行動には少し(はてなマーク)温度差を感じました。


"操れる男"がもう関わりたくない感じを出していても、接触してくる"操れない男"。


自分を雇っていた主人を殺されてしまうので、"操れない男"の思いも分かるようになっていますが、2人の温度差は大きいです汗


・操れる男:"操れない男"がしつこい


・操れない男:"操れる男"が許せない



どちらの目線で楽しむか目はてなマーク

これによって、印象がだいぶ変わるように思います!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

○本作で描かれていなかったところ


・"操れる男"の義足の理由
・"操れない男"の過去
・"操れる男"の本当の想い
・"操れない男"の人間関係

右矢印"操れる男"と"操れない男"の対決がメインとなっていますので、それぞれについての詳細はあまり気にしない感じですね~グー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本でもリメイクされた面白い設定と、その設定から生まれる緊張感を楽しめる作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

超能力者 スペシャル・エディション [DVD]

新品価格
¥1,080から
(2014/6/24 11:28時点)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「サスペンス」 の記事