映画「借りぐらしのアリエッティ」観ましたェ(+o+)/

小人と人間のお互いに想いあう気持ちに惹き込まれますニコニコ



【観賞スタイル目
○TV(リアルタイム)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○"借り"のおもしろさ


○アリエッティとショウのコミュニケーション


○人間のエゴの表現方法


【オススメな人グッド!

○見た目の違いを気にしてしまう人


○映画「思い出のマーニー」に興味がある人


○小人を見たことがある人(?)


【公式サイト音譜

http://www.karigurashi.jp/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
人間の家の軒下でひっそりと、人間のモノを"借り"ながら暮らす小人の少女と、人間の少年の物語ですキラキラ


映画「思い出のマーニー」の米林宏昌監督の初長編作品です映画


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
"借り"のおもしろさ――


アリエッティの一家は、人間からいろいろなモノを"借り"て生活をしていますパー


・ティッシュ
・角砂糖
・針
・糸


などなど。


人間からしたら小さなモノでも、アリエッティたち小人にすれば運ぶだけでも大変なモノばかりですあせる


当然、"借り"ていることが人間にバレてもいけませんし、自分たちの姿を見られてもいけませんえっ


そのような厳しい状況の中、"借り"をして、人間のモノを使うアリエッティたちの姿はどこか微笑ましく、惹き込まれます音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アリエッティとショウのコミュニケーション――


小人のアリエッティと人間のショウ、お互いの存在に気付いた2人。


最初は、考え方も生き方も全く違う2人はお互いを理解できませんが、次第にコミュニケーションを深めていきます。


この2人のトーンや絶妙な距離感での会話にもどんどん惹き込まれますニコニコ


ちなみに・・・


この2人の声は、共に若い俳優さんが担当されています。


アリエッティ:志田未来さん

ショウ:神木隆之介さん


2人とも子役から活躍されている方々ですね~得意げ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人間のエゴの表現方法――


絶滅の危機にある小人と増え続けている人間。


・小人を助けようとする

・小人を興味本位で捕まえようとする


などなど。


人間の普段何気ない行動が小人に与える影響の大きさなども描かれています目


良かれと思っての行動が必ずしも良い方向にはつながらないなんてこともたくさんありますえっ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アリエッティとショウのコミュニケーションに惹き込まれながら、小人の目線で人間の世界を楽しめる作品です
!!


映画「借りぐらしのアリエッティ」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"借り"の楽しさ


本作では、アリエッティが初めて"借り"に出るところから始まります。


初めて実際に見る"借り"の楽しさがたくさん描かれています。


・両面テープを使って引き出しを登る
右矢印スパイみたいな動きで"お父さん"が登っていきます


・待ち針を剣のようにしまう
右矢印アリエッティの初めての獲物ですが、服の腰のあたり刺して所持します
服に穴あいてしまうけど・・・はてなマークって気になりますよね~はてなマーク


1つ1つのモノが大きいので人間とは違う使い方になるところが面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○人間のエゴのような行動


本作では、人間の良い行動と悪い行動の両方が小人に大きな影響を与えます。


・アリエッティが落とした角砂糖を届けようとする(ショウ)
右矢印小人を誘い出すワナだと疑われます。


・より豪華な家具などに置き換える(ショウ)
右矢印もともとの小人の家を破壊して強制的にリフォームしてしまいます。
これは小人からしたら怖いでしょうね・・・汗


・小人を捕まえようとする(ハル)
右矢印興味本位で小人を捕まえようと、家を破壊して小ビンに"お母さん"を入れてしまいます。

大きさの違いから、人間の行動が小人に与える影響の大きさがよく分かります。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちょっと難しく考えてしまった感じですが、
"借り"をしながらひっそりと暮らす小人たちの生活を楽しめる作品です
にひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVD&Blu-rayも借りれます!




最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/



コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「アニメ」 の記事