映画「アナと雪の女王」(英語版)観ましたェ(+o+)/

英語ならではのしっとり感とパワフルさを感じながら楽しめます音譜




【観賞スタイル目
○DVD(レンタル・英語/字幕なし版)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○言葉なんて分からなくても伝わる楽しさ


○オリジナル音声で変わる全体の印象


○実はアカデミー賞受賞作品


【オススメな人グッド!

○字幕はしんどいから観ないという人


○「Let it go」は英語が好きビックリマークな人


○英語とか分からなくてもハワイとか行く人(?)


【紹介サイト音譜

http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/anayuki
アップあらすじなどはこちらから


=================


今回は、
前回に引き続き、まさかの連続で「アナと雪の女王」です!!


※コピペミスではありませんあせる


日本語吹替版を観て、ストーリーなどは頭に入ったので、今度はオリジナルの音声で楽しんでみましたニコニコ


日本語吹替版もブログに書いていますので、よろしければ読んでみてくださいパー

右矢印映画「アナと雪の女王」(日本語吹替版)観ましたェ(+o+)/


普段、皆様に映画を映画館で観ることをオススメしているにも関わらず、DVDで観てしまったので、DVDの良さをフルに活かしてみました得意げ


「アナ雪」ブームに思いっきり便乗したことは揺るぎないジジツですが・・・<(_ _)>


やっぱり楽しいです!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
言葉なんて分からなくても伝わる楽しさ――


今回は、音声:英語、字幕:なしで観ました目


英語は実際、何を言っているかほとんど分かりませんあせる

分かりませんが、楽しい雰囲気や登場キャラクターの感情などは伝わってきますニコニコ


当然、一度日本語吹替版で観ているからということもありますが、言葉でない何かで理解するような感じになります得意げ


本作の音楽や映像の力があるからこそ、かもしれませんね~音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
オリジナル音声で変わる全体の印象――


日本語吹替版で、松たか子さんの歌声がかわいいと評判になったように、英語で聞くと印象が変わりますビックリマーク

あ、モチロンいい意味で、ですニコニコ

いい意味でですが、全体的にしっとりと落ち着いた感じと、心の奥底に響くようなパワフルさがありますグッド!

英語のトーンもあるかもしれませんが、同じ映像や音楽、そして同じストーリーでも、受ける印象には微妙な違いがあるように思います音譜


面白いですね~にひひ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
実はアカデミー賞受賞作品――


本作、実はアカデミー賞を受賞した作品なんですキラキラ

そんなの知ってるよビックリマークっていう方がおられたら<(_ _)>

受賞当時は、「アナ雪」ブームが巻き起こるほど話題にはならなかったと思うんですよね~目

確か、宮崎駿監督の「風立ちぬ」が受賞を逃したことが話題になってたように思いますビックリマーク


アカデミー賞において、ディズニー作品は決して強いわけではないので、本作は誰の目から観ても楽しめますにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
英語が分からなくても楽しさは分かります音譜


映画「アナと雪の女王」(英語版)

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○字幕を追わずに表情を観る


字幕がなく、セリフや歌の意味も頭の中を通り抜ける感じで観れたので、キャラクターの表情や美しい背景に注目できました目


これは、アニメーションか、実写かなんて関係ないと思いますけど、表情や仕草などから登場人物の本心を伺うことも出来ますニコニコ


本当はそんなことしたくないんだろうなぁ~あせる


あ、悪いこと考えてる!?

とか、いろいろ分かって楽しいです


そういう意味では、"ハンス王子"はたぶん、カンペキでしたパー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
まだまだいろいろな楽しみ方がある作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



映画「アナと雪の女王」(字幕版)
右上矢印いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!

アナと雪の女王 MovieNEX+オリジナル・サウンドトラックーデラックス・エディションーセット

価格:7,150円
(2014/8/9 08:13時点)
感想(23件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVD&Blu-ray、比較的借りやすいですし、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでした(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「アニメ」 の記事