映画「のぼうの城」観ましたェ(+o+)/

武力ではなく、人の心を動かして戦に挑む"のぼう"に惹きつけられますグッド!




【観賞スタイル目
○TV(リアルタイム)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○うつけかはてなマーク天才かはてなマーク人の心を掴む"のぼう"


○三千対二万の迫力ある戦


○曲者(くせもの)揃いの登場人物たち


【オススメな人グッド!

○武力による征服が好きじゃない人


○人の心を動かして組織をまとめたい人


○能ある鷹は・・・な人(?)


【公式サイト音譜

http://nobou-movie.jp/
アップあらすじなどはこちらから


=================


本作は、
忍城(おしじょう)の成田長親(なりたながちか)と豊臣軍を率いる石田三成との実際に起こった戦を描いたお話です!!


原作は、和田竜さんの同名小説です本


誰がどう見ても豊臣軍の圧勝という状況の中で、成田長親がどのようにして戦に挑むのかはてなマークが楽しい作品ですニコニコ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
うつけかはてなマーク天才かはてなマーク人の心を掴む"のぼう"――


成田長親は、忍城の城主成田氏長のいとこながら、城下の農民たちから"のぼう"様と揶揄され(はてなマーク)、親しまれていますニコニコ


成田長親=木偶の坊→のぼう様音譜

武士なのに剣はダメ、わがままを言ったり、間の抜けたところもある"のぼう"ですが、それでも何故か民の心を掴んでいる為、一目置かれています目


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
三千対二万の迫力ある戦――


豊臣軍の二万の兵に対して成田軍は、農民を含めて三千えっ

圧倒的な武力の差を前に成田軍は、人の心を動かし、策を練って、武力、財力で押し潰そうとする豊臣軍に対抗しますパー

"のぼう"の策なのか、素なのか分からない行動が成田軍のみならず、豊臣軍の心にまで響く感じが面白いですニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
曲者(くせもの)揃いの登場人物たち――


本作に登場する人物たちは、敵味方関係なく、個性の強い曲者揃いですグー

【成田軍】
・成田長親=野村萬斎さん
・正木丹波守利英=佐藤浩市さん
・柴田和泉守=山口智充さん
・酒巻靱負=成宮寛貴さん

【関白軍】
・豊臣秀吉=市村正親さん
・石田三成=上地雄輔さん
・大谷吉継=山田孝之さん
・長束正家=平岳大さん

【その他、忍城の人たち】
・成田氏長=西村雅彦さん
・甲斐姫=榮倉奈々さん
・たへえ=前田吟さん
・ちどり=芦田愛菜さん
・和尚=夏八木勲さん

まだまだたくさんの曲者が控えておりますパー


たくさん登場するにも関わらず、全員の個性がしっかりと描かれているところが楽しいですにひひ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
長親の真意が読みづらい言動と、それに振り回される敵味方が楽しい作品です!!


映画「のぼうの城」

ゼヒ観てみてくださいにひひ




※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※




ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ



○"のぼう"の田楽踊り

< br>

"のぼう"が命をかけた田楽踊りを披露するシーンがありますが、これが圧巻ですグッド!


野村萬斎さんが狂言師ということもあると思いますが、まさに独り舞台です!!


敵も味方も観ている側も惹きこまれてしまいます得意げ


また、"のぼう"様と慕われている長親が時折見せる鋭い眼光も魅力の一つです目


これらは、野村萬斎さんの力によるところが大きいように思いますビックリマーク


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
時代劇でありながら、それぞれの個性で軽さと楽しさが織り交ぜられた作品ですにひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



映画「のぼうの城」
右上矢印いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!

のぼうの城 豪華版DVD 【完全初回限定生産】 [ 野村萬斎 ]

価格:5,919円
(2014/8/11 00:17時点)
感想(12件)



お家でレンタルという方にオススメ!
本作のDVD&Blu-ray、動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>
気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでした(+o+)/


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

同じテーマ 「ドラマ」 の記事